TK from 凛として時雨、今年初有観客ライブで見せた狂気と色気(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

TK from 凛として時雨が、今年初の有観客ツアー「TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session vol.2」を2020年12月23日を完遂させた。

写真5点:もっとライブ写真を見る

12月11日からスタートした「TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session vol.2」は、東京や大阪、追加公演を経て、自身の誕生日である12月23日に横浜にて幕を閉じた。ここではオフィシャルレポートを掲載する。

TKにとって、今年は4月の「彩脳 TOUR 2020」が新型コロナウイルスの流行によりツアーを延期し「TK from 凛として時雨 Studio Live for “SAINOU”」を開催し、凛として時雨としては10月には初の配信ライブ「凛として時雨 15th anniversary #4 for Extreaming Live Edition」を開催した異例の1年だった。その締めくくりが、今年初めての有観客で開かれた本ツアーだ。メンバーにBOBO(Drums)、吉田一郎不可触世界 (Bass)、ちゃんMARI(Piano)、須原杏(Violin)を迎えたアコースティック編成で約60分のステージを彩った。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。