NYの救急救命士「私が生活費のためにヌード写真を公開した理由」(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

12月12日、米ニューヨーク・タイムズ紙はニューヨーク市でCOVID-19のパンデミックと闘う23歳の救急救命士、ローレン・クウェイさんの記事を掲載した。

【画像】コロナの影響で収入が激減したと語るセックスワーカー

救命士の給料だけでは食べていくことができないので、日々の生計を立てるためにクウェイさんはセックスワーカーの間で人気のサブスクリプション型プラットフォーム「OnlyFans」にアカウントを立ち上げて、家計の足しにした。ニューヨーク・ポスト紙のディーン・バルサミニ記者とスーザン・エデルマン記者が書いた記事は、救命士としてフルタイムで働きながら裸の写真をSNSにアップするとはプロ精神に欠けるのではないか、という主旨だった。この記事のせいで自分の評判に傷がつき、解雇されるのではないかとクウェイさんは考えた。「穴があったら入りたい気分でした」と彼女はローリングストーン誌に語った。

だが実際はそうはならなかった。人気Podcastのファン専用Facebookページが彼女の弁護に回ると、ソーシャルメディア上では大勢がクウェイさんを支援し、ただ生活費を稼ごうとしている人を槍玉にあげたポスト紙を厳しく非難した(現在、彼女は勤め先のSeniorCareと面談を終え、仕事を続けられることになったそうだ)。アレクサンドリア・オカジオ=コルテス下院議員までもがTwitterでクウェイさんを支持し、その後直接電話までかけて団結の意を表明した。単にクウェイさんを辱めるために書かれたポスト紙の記事は期せずして、セックスワークと労働問題に関する現在進行形の議論の的となった。

「(2人の記者は)私の面目をつぶすためにあの記事を書きました」。5年前、18歳の時にウェストバージニア州からニューヨークに引っ越してきたクウェイさんはこう語る。「でも代わりに、ニューヨーク市の救急医療サービスのスタッフの給料が不十分で、大半の人が仕事を2つ3つ掛け持ちしたり副業したりして、世界一物価が高い街でなんとか暮らしている姿が明るみになりました。彼らは記事を書いたとき、私が売られた喧嘩を買うとは思っていなかったんでしょうね。私にも言い分があるとは思わなかったんでしょう。自分たちが相手にしているのか誰ないのか、わかっていなかったんです」

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。