LAMP IN TERREN松本大が語る変化の理由「向き合うべきは、自分ではなく世界」(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

取材現場にふらっと彼が姿を現した時、あまりの変貌ぶりに驚いてしまった。トレードマークだった長い前髪をバッサリと切り、全体的にブリーチをかけたナチュラルなショート・リーゼントが、生まれ持った精悍な顔立ちをより引き立てている。「どうしたんですか?」と尋ねると、「いや、ちょっとしたイメージチェンジです」と照れ臭そうに目を伏せた。

【画像を見る】劇的なイメージチェンジを遂げたLAMP IN TERRENの松本大

「自分の顔が、ずっとコンプレックスだったんですよ。色素が薄くて茶色い瞳と、黒髪のコントラストがすごく嫌で、ずっと目を隠すような髪型にしていました。バンドでも、“隠したい気持ちがあった”とか、“汚れていく自分が嫌いだった”みたいな、自分のコンプレックスを歌詞にしていることが多くて。“僕が僕を好きになった瞬間に、世界は変わるんだ”なんて歌っているくせに、自分を好きになるための行動なんて何もしてきていなかったことに気付いたんです。『よし、思いっきり髪を短くしてみよう』と(笑)。周囲の評判も今のところいい感じだし、自分のイメージみたいなものをぶち壊すのは気持ちよかったですね」

長崎県で結成された、4人組ロックバンドLAMP IN TERRENのヴォーカル&ギター松本大。ラテン語で「星」や「大地」を意味する「terra」を捩った造語であるバンド名には、「この世の微かな光」という意味が込められている。新型コロナウイルスによる感染が世界中で広がる中、昨年10月にリリースされた通算5枚目のアルバム『FRAGILE』には、そのバンド名のごとく暗闇の中で「光」を求めるような楽曲が並んでいた。

長らく続いた自粛期間中、多くの人々が口にしていた「自分自身と向き合う」という言葉に、松本は強い違和感を覚えていたという。本アルバム収録曲「EYE」の中でも、“見つめるべきは きっと僕じゃなくていい”“ただ自分であることも 忘れてしまえたら”とその思いを綴っている。

「向き合うべきは、自分ではなく『世界』だと思うんです。こんな世の中だからこそ誰かの言葉に感動したり、誰かの作品に感銘を受けたり。そういうことで人間は、より良い方向へと進んでいけるのではないか。他者に関心を向け、手を取り合って生きていくことが大事なんじゃないか、と思ったんですよね。『自分を愛せなければ、他人を愛せない』と言う人がいるけど、どうやって自分を愛したらいいかなんて分からないじゃないですか(笑)。それよりも、誰かを好きになれるからこそ、そんな自分を好きになれるんじゃないかな。誰かを好きになり、共に生きていきたいと思うことこそが、こんな世界で生きる理由になる気がするんですよね」

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。