BABYMETALが選ぶ、私的メタル曲(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

12月25日発売の音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan vol.13」の特集企画「STAY METAL “メタル”という生き方」に、BABYMETALが登場。特集記事のリードテキストと、彼女たちが選んだ「私的メタル曲」をここではお届けする。

【画像を見る】BABYMETALが扉を飾るメタル特集の誌面

特集企画「STAY METAL “メタル”という生き方」では、BABYMETALの他、ブリング・ミー・ザ・ホライズン独占インタビュー、歴代最高のメタルアルバム100枚ガイド、追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、音楽ジャーナリスト・増田勇一が見たスターの素顔、LOUDNESS高崎晃インタビュー、若林恵のメタル論という最強のコンテンツでメタルの魅力を徹底的に掘り下げる。

ヘヴィメタルは我々の「野性」を呼び起こす音楽だ。ブラック・ダリア・マーダーのフロントマン、トレヴァー・スターナドはこう語る。「スレイヤーを観に行ったら、まずトイレに行くといい。小便していると横の男がこっちを見据えて『スレイヤー!』と鼻先で叫ぶ。そうするとトイレにいる他の男たち全員が『スレイヤー!』と一斉に叫び始めるのさ。それがスレイヤーなんだよ」。混乱の2020年が終わり、2021年が始まる。熾烈なサバイバルレースのごとき日々を生き抜くために、とにかくヘヴィメタルを聴け!と言いたい。今回、Rolling Stone JapanではBABYMETALインタビュー、ブリング・ミー・ザ・ホライズン独占インタビュー、歴代最高のメタルアルバム100枚、追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、音楽ジャーナリスト・増田勇一が見たスターの素顔、LOUDNESS高崎晃インタビュー、若林恵のメタル論という最強のコンテンツで皆の中に眠る「野性」を刺激する。さあ、素晴らしきヘヴィメタルの世界へようこそ。
(以上リードより)

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。