宮崎駿が1枚の紙に記した「楽しくないといけない」の意味(BuzzFeed Japan)

出典元:宮崎駿監督と、「手書き、ひらめき、思いつき」展の展示資料

2001年に開館した「三鷹の森ジブリ美術館」は、これまでにいくつもの企画展示を通じて、スタジオジブリの足跡、アニメーション現場の息吹きを伝えてきた。

設立の発案から今日までに20年超の歳月が経ったが、そもそも発案した宮崎駿監督は、この美術館で何を伝えようとしてきたのか。

宮崎監督が携わった過去の企画展で展示された原画や企画書から、その思索をひも解く「手書き、ひらめき、思いつき」展が11月16日、同館ではじまった。【BuzzFeed Japan / 吉川慧】

三鷹の森ジブリ美術館では、過去のジブリ作品やアニメーション文化に焦点を当てた企画展示を折に触れて実施してきた。

今回の「手書き、ひらめき、思いつき」展は、通算19本目の企画だ。

これまでの展示や美術館の建設のために、宮崎監督がスタッフたちが残した原画や企画書など、約640点にものぼる膨大な資料が公開される。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。