実写「浦安鉄筋家族」主演は佐藤二朗!「俺が主演でエエんかいな」(シネマトゥデイ)

出典元:まさかの実写化! – (C) 浜岡賢次(秋田書店) 1993

人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」が実写ドラマ化され、俳優の佐藤二朗が主演を務めることが明らかになった。個性派バイプレイヤーの佐藤が、とにかく超テキトーでだらしがない大沢木家の大黒柱・大鉄役を務める本作は、2020年4月クールにテレビ東京のドラマ24枠(毎週金曜深夜0時12分)で放送される予定だ。

佐藤二朗、ミキ・亜生ら「ハクナ・マタタ」を大合唱!【動画】

 「週刊少年チャンピオン」にて25年以上連載され、シリーズ累計発行部数4,400万部を記録している「浦安鉄筋家族」は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こすエクストリーム・ホームコメディー。ドラマでは、個性豊かな大沢木家メンバーや、近所に住む仲間たちの常に全力で愛らしい浦安の日常を描く。「おっさんずラブ」シリーズの瑠東東一郎が監督、上田誠(ヨーロッパ企画)が脚本を担当する。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。