映画「キャッツ」日本語吹き替え版に葵わかな! 山崎育三郎は“革新の収録”を振り返る(映画.com)

出典元:世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔を映画化

[映画.com ニュース]世界累計観客動員数8100万人を記録したミュージカルの金字塔を映画化する「キャッツ」の日本語吹き替え版制作発表会が11月18日、ザ・リッツ・カールトン東京で行なわれ、スタッフ&キャストが一挙に発表された。

 主人公ヴィクトリア役の座を射止めたのは、女優の葵わかな。山崎育三郎(マンカストラップ役)、高橋あず美(グリザベラ役)、「ロバート」の秋山竜次(バストファージョーンズ役)、森崎ウィン(ミストフェリーズ役)、大貫勇輔(スキンブルシャンクス役)、大竹しのぶ(オールドデュトロノミー役)の参加も決定し、日本語吹き替え版音楽プロデューサーを蔦谷好位置氏が務めることになった。なお吹き替え版の制作が許可されたのは、日本とドイツのみとなっている。

 1981年のロンドン初演以来、世界中で愛され続けるミュージカル「キャッツ」。トム・フーパー監督がメガホンをとった映画版では、巨匠スティーブン・スピルバーグとアンドリュー・ロイド=ウェバーが製作総指揮に名を連ね、フランチェスカ・ヘイワード、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、ジュディ・デンチ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、レベル・ウィルソン、テイラー・スウィフトらが出演している。

 洋画吹き替え初挑戦となった葵は、ヴィクトリアに息吹を注ぐうえで「観客の皆様を『キャッツ』の世界に誘えるような、フィルターとして見れるようなキャラクターにするべく、これから精一杯頑張っていきます」と意欲を示す。また“猫好き”であることから、念願の参加となったようで「見た目が猫ですし、猫に関する歌もたくさんあります。猫に一歩近づけたような感じがしていて嬉しいです(笑)」と思いの丈を述べていた。

 「ミュージカルは大きい劇場で歌って表現することが多いのですが、今回は画面の中。ドラマや映画の芝居で求められる繊細な表現は初めてだった」と振り返る山崎。さらに「収録の仕方がとても変わっているんです。頭に巻いたバンドにマイクを付けて、体を動かしながら声を出していくんです。すると、空間、臨場感を感じやすく表現できる。この収録の仕方は初めての経験だったんですけど、これが大画面を通じてどのように伝わっていくのかが楽しみです」と語っていた。

 大竹は「(役どころは)大好きで尊敬するジュディ・デンチが演じているんですが、蜷川幸雄さんから『将来はジュディ・デンチになれ』とずっと言われ続けていたんです。そのジュディがやった役を、声だけとはいえ演じられる喜びを感じています」と胸中を吐露。一方、秋山は特殊すぎる“事前準備”を実践。「猫のライフスタイルに合わせる。基本的に魚を食べましたし、お偉いさんの足元にすり寄っていく。今日の朝もフリスキーモンプチを食べてきました。ゴロゴロさせるために、わざとお腹を壊してみたり。徹底していましたね」と語り、場内の爆笑をかっさらっていた。

 この日は、本編の仕上げに入っているフーパ―監督からのメッセージ動画が披露され、NYアポロシアターで開催中の世界最高峰のショー「アマチュアナイト」を勝ち進んでいる高橋が、「キャッツ」の代名詞ともいえる名曲「メモリー」を生歌唱。蔦谷氏の伴奏のもと、圧倒的な歌声を響かせると、報道陣から拍手喝采が湧き起こっていた。

 「キャッツ」は、2020年1月24日に全国公開。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。