片寄涼太、橋本環奈を華麗にエスコート!サプライズ登場「GENERATIONS」の暴走には大慌て(映画.com)

出典元:ロマンチックな大階段に登場した 片寄涼太&橋本環奈

[映画.com ニュース] 国民的スターと普通の女子高生の恋を描く「午前0時、キスしに来てよ」の完成披露試写会が11月12日、東京・台場のダイバーシティ東京で行われ、ダブル主演を務めた片寄涼太(「GENERATIONS from EXILE TRIBE」)と橋本環奈をはじめ、共演した眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、メガホンをとった新城毅彦監督が登壇。さらに、続くユナイテッド・シネマ アクアシティお台場での舞台挨拶には、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の面々がサプライズ参加した。

 この日は劇中で描かれるシンデレラストーリーにちなみ、タキシード姿の片寄が、シンデレラさながらの青いドレスに身を包んだ橋本をエスコート。ふたりが七色にライトアップされた階段ステージに登場すると、大きな歓声があがった。片寄は「今日はお集まり頂き、本当にありがとうございます。作品がついに皆さんのもとに届くということでわくわくしています」と目を輝かせ、橋本は「本当に寒いなか、皆さん待っていただいてありがとうございます」と観客を気遣う。そして遠藤が「遠藤憲一です!」と自己紹介すると、会場からはなぜか爆笑が。遠藤は「何で笑うんですか! こんな強面で、こんなキラキラした映画に出たのは初めてでした!」と声を弾ませ、笑いを誘った。その後登壇陣はレッドカーペットを歩き、会場につめかけた大勢の観客と触れ合った。

 レッドカーペットに続いて行われた舞台挨拶では、「秘密の恋」という本作のテーマになぞらえ、互いの秘密を暴露するコーナーが設けられた。片寄が「橋本さんはお昼の11時くらいになると、『おなか空いた』じゃなく、『おなか空きそうだな』って言うんですよ。あんまり天然な部分はないけど、唯一(不思議に)思ったのは、この『空きそう』っていう予言(笑)」と明かすと、「今も空きそうです!」と橋本は大笑い。一方の橋本は、片寄がおうちデートの場面で披露する半裸のために、何も食べずに体を鍛えていたというストイックな一面を語る。「(片寄が演じた)綾瀬さんと一緒で、片寄さんもスターなんだなって感じました。でも極限状況になったのか、(撮影)寸前に味噌汁を飲んだので、そこは庶民的だなって思いました(笑)」と、かわいらしい部分を暴いていた。

 さらにイベント中盤では、小森隼、数原龍友、佐野玲於、白濱亜嵐、中務裕太、関口メンディーがサプライズで登場した。客席から悲鳴が沸き起こるなか、何も知らされていなかった片寄は軽くパニック状態の様子。小森が「GENERATIONS」が手掛けた本作の主題歌「One in a Million 奇跡の夜に」をダンス付きでアカペラ披露したり、作品の感想を問われたメンディーが「個人的には“感極(かんきわ)メンディー”しました!」と叫んだり、数原が「自分が主演の気持ちになった」と語り出すなど、収拾がつかないカオス状態に。片寄は「空気読めてないよ! よくその感じで来たね」と悲鳴をあげながらも、強すぎるメンバー愛を肌で感じたのか、グループメンバーと嬉しそうにはしゃいでいた。

 「近キョリ恋愛」「きょうのキラ君」のみきもと凜氏が、「別冊フレンド」(講談社)で連載中の同名コミックを実写映画化。女子高生の日奈々(橋本)とスターの綾瀬楓(片寄)が恋に落ちる、シンデレラストーリーを紡ぐ。「午前0時、キスしに来てよ」は、12月6日から全国で公開。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。