間下このみ「私の人生むちゃくちゃだ!」子役が“大人”になるまでの苦労(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:▲女優で写真家の間下このみさん(出典:「Wの悲喜劇」より)

「可愛い我が子を芸能界に……」「いつか映画に出るような女優になってほしい」そんな親の思いで子役事務所に所属する子どもは多い。間下このみさんは4歳のときに出演したキッコーマン「ガンバレ! 玄さん」のCMでブレイクし、一躍お茶の間の人気者に。間下さんによると「13歳くらいからが子役の一番つらい壁」だという。

【映像】元子役から今の子役にメッセージ

 元子役の間下さんは「20歳を越えるまで“学ラン恐怖症”だった」と明かす。学生時代を振り返り「学ランを着ている男子中高生からすれ違いざまに『いきがってんじゃねーぞ』とか『テレビ出てんじゃねーぞ』って言われることがけっこうあった」と話す。また、間下さんは芸名が本名だったこともあり、家の留守番電話に悪口や罵倒する音声が残されていることも日常茶飯事だった。

 子役だった間下さんを傷つけたのは、同世代の子どもたちだけではない。小学生の頃、自分が悪いことをしたとき、先生に謝りに行ったことがあり、謝ると先生から「その芸能人みたいな謝り方をやめなさいよ」と言われた。

 心から謝ったのに、子どもながら深く傷ついた間下さん。これを聞いた番組MCのSHELLYは「先生も自分の知らない世界を子どもが見ているので引け目を感じていたのかも」と推測。間下さんは「先生にはいい先生と悪い先生がいる。その差が大きい」とし、「小さい身体で受け止めるのは複雑だった」と話す。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。