益若つばさ 、雑誌デビュー時にバッシングされた過去を明かす(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:益若つばさ

モデル・タレントの益若つばさ(33)が9日、東京・SHIBUYA109で、「PG-Bra イメージモデル発表会」に出席した。雑誌『Popteen』のカリスマモデルとして、ギャル文化をけん引してきた益若。この日はギャルの聖地であるSHIBUYA109にちなみ、約15年ぶりという“レジェンド”時代のギャルメイクとファッションを披露した。

【動画】益若つばさ 15年ぶりのギャルメイク

 カリスマギャルのイメージが強い益若だが、実は雑誌に登場した当初は、「そんなギャルはいない」というバッシングを受けていたと告白。当時のギャルメイクの主流は、「小麦肌にオレンジやブラウンチーク、ベージュのリップ」だったそうだが、バービー人形に憧れていた益若は、頬をピンクのチークで表現。「最初は受け入れられなかったけど、続けていったら読者の方が応援してくれて、今の私がいるんです」「読者の方が投票で1位にしてくれ、表紙を飾れた」「編集長にも最初は、推してなかったけど、読者の方が投票で1位にしてくれて、“大穴だ”と言われました」と、Popteen時代の思い出を明かし、感慨深い表情を見せていた。(AbemaTV/『AbemaNews』より)

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。