ティモシー・シャラメ、ヤンニョムチキンが大好き!主演作ひっさげ釜山へ(シネマトゥデイ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:釜山国際映画祭Netflix映画『キング』会見に登壇したシャラメくん

『君の名前で僕を呼んで』などのティモシー・シャラメが8日、釜山国際映画祭で行われたNetflix映画『キング』(11月1日より配信)の記者会見に登壇。本作は、ガラ・プレゼンテーション部門に出品されており、会見には共同脚本も務めたジョエル・エドガートン、デヴィッド・ミショッド監督、ポン・ジュノ監督のNetflix映画『オクジャ/okja』(2017)を製作したプランBエンターテイメントのプロデューサー、デデ・ガードナーとジェレミー・クライナーも登壇した。

【写真たくさん】オシャレで美しいティモシー・シャラメ

 本作は、ウィリアム・シェイクスピアの「ヘンリー四世」2部作や「ヘンリー五世」にインスパイアされた歴史劇。英国王の父の死後、王位を継承したヘンリー五世(ティモシー・シャラメ)が宮廷内の闘争、フランスとの戦争など混乱の時代の中でたくましく成長していく姿を描く。共演にジョエルのほか、ロバート・パティンソン、リリー=ローズ・デップら。『メタルヘッド』(2010)の脚本、『アニマル・キングダム』(2010)の監督・脚本などで知られるデヴィッド・ミショッドがメガホンを取った。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。