「誰かの靴を履いてみること」息子のテストの回答に思わずハッとさせられる(BuzzFeed Japan)

出典元:ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

「各章を読み終える度に泣けてくる」「社会批評だが、一編の小説のよう」「読み終わるのがもったいない」…。

保育士でコラムニストのブレイディみかこが、イギリスの中学校に通う長男の成長を綴った『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)が注目を集めている。

口コミで人気が広がり、発売2ヶ月で累計5万部を突破。「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」の候補作にもノミネートされた。

格差や分断など、作品で描かれる英社会の課題は日本にも共通のものだ。そうした問題とどう向き合っていくべきか、ブレイディに聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。