原作者が放送前に“途中参加”防止の呼びかけ 「彼方のアストラ」第9話、衝撃の事実に「鳥肌がやばい」の声続出(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:彼方のアストラ

8月28日より順次放送中のアニメ「彼方のアストラ」第9話では、衝撃の事実が次々と発覚した。特にラストシーンが「怖い」と話題になっている。

 「マンガ大賞2019」大賞などを受賞した「彼方のアストラ」がついにアニメ化。宇宙旅行が当たり前になった近未来、惑星キャンプへと旅立った9名の少年少女たちが遭難してしまう。第9話「REVELATION」では、キトリーとフニシアがまったく同じDNAを持っている事実から、カナタたちは、ある仮説にたどりついた。

 原作者の篠原健太が放送前に「今夜の彼方のアストラは絶対に観ないでください。視聴するには1~8話までを履修済みか原作を既読の方に限ります」とTwitterで呼びかけていた通り、第9話では驚きの事実が判明した。カナタたちをめぐる陰謀はもちろん、特にラストに衝撃を受けた視聴者が多く、Twitter上では、「怖い」という悲鳴が続出。「とんでもない引きで鳥肌がやばい、、」「ホラーEND」「原作でも一番ゾッとした場面」「映画『シックスセンス』のラストと似た感覚になりました」といった驚きの声が上がっており、今後の展開への期待がさらに高まっているようだ。

(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会
(C)Kenta Shinohara/Shueisha, ASTRA LOST IN SPACE COMMITTEE

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントは受け付けていません。