岡田麿里×HoneyWorksヤマコのオリジナル劇場アニメ10月25日公開 斉藤壮馬ら出演(映画.com)

出典元:ポスタービジュアル

[映画.com ニュース] 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」「空の青さを知る人よ」などで知られる岡田麿里が脚本構成、クリエイターユニット「HoneyWorks」のイラストレーターであるヤマコがキャラクターデザインを手掛けるオリジナル劇場アニメ「キミだけにモテたいんだ。」が、10月25日から公開されることが決定した。モテない男子高校生が“きみ”との出会いをきっかけに変わっていく青春ストーリーで、斉藤壮馬、内山昂輝、富園力也、松岡禎丞、梅原裕一郎、石川由依が出演。ポスタービジュアルと特報映像(https://youtu.be/FwrrSjaGNYo)も披露されている。

 本作は、見た目はいいのに中身が“残念”な男子高校生が、「モテメン甲子園」優勝を目指すなかで成長し、「本当の“モテ”とは何か」と葛藤する姿を描く。クールなルックスながらも、実は女子が苦手で「中二病をこじらせている」と噂されている古田時夫、“子どもすぎる行動”で周囲にドン引きされているアシモこと葦田茂一、可愛すぎてモテない戸島光太郎、人間に興味をもてない佐橋亜紀は、校内でも有名なお嬢さま・ホリコに呼び出され、ホリコの執事的存在の後藤田駿を“モテ講師”として加えた5人で「モテメン甲子園」に出場するよう強制される。次第にモテメンに成長していく時夫らだったが、ホリコに対する恋心を自覚し、6人の思いがこじれていく。

 スタッフは、岡田とヤマコのほか、監督を「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」「ハンマーヘッド」で助監督を務めた久藤瞬、キャラクターデザインをまじろ、美術監督を峯田佳実、 撮影監督を杉山大樹、アニメーション制作をSIGNAL.MDが担当し、脚本は岡田、和場明子、樋口七海が共同で執筆する。岡田は「モテという状況以前に、『誰かを好きになる』ことにすら手探り。恋への理想はあるけれど、今はまだ 男同士でバカ騒ぎするのが楽しい……そんな少年たちの夏が、久藤監督と熱意あるスタッフたちの手で、 暑くて熱い映像作品になりました」と述べ、久藤監督は「1つ1つの気持ちの動きを丁寧に描くよう心掛けました」と語っている。

 キャストは、時夫役を斉藤、アシモ役を内山、亜紀役を松岡、俊役を梅原、ホリコ役を石川が演じ、日本テレビ系バラエティ「キミモテロッジ~家づくりで声優オーディション!?~」で本作出演を勝ち取った富園が光太郎役を担当。同番組でMCを務めた梶裕貴も、モテメン甲子園の司会役で出演することが決まっている。

 斉藤は、「トキオは、周りから中二病をこじらせていると思われていて、自分でも人とフランクに関わるのが少し苦手だと思っている男の子」と話し、内山は「僕が演じたアシモは、ちょっとバカっぽいところもあるんですが、 とにかく元気で、熱血」と説明。メインキャラ5人が挑む「モテメン甲子園」という設定については、「野球の甲子園のように全国でバトルが行われているって考えたら、面白いですよね!」(松岡)、「“モテメン甲子園”というワードの強さ!」(梅原)とコメントを寄せている。

【広告】

暑い日が続くようになってきて

熱中症のニュースが

聞かれるようになってきました。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても

湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による

労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようですので

酷暑を迎える前に空調服の導入を

御検討ください。

空調服は酷暑での作業環境はもちろん

夏の釣りやキャンプの

アウトドアライフなどでも使用されています

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。