山田洋次監督『男はつらいよ』50年前の初日を回想 活気にあふれていた時代(シネマトゥデイ)

出典元:第1作公開当時を振り返る山田洋次監督

映画監督の山田洋次が、27日、都内で行われた「祝!50周年 寅さんファン感謝祭」に『男はつらいよ』シリーズの出演者である倍賞千恵子、佐藤蛾次郎とともに出席。同シリーズの第1作が劇場公開された1969年8月27日を振り返り、「50年前の今日の出来事は一生忘れられない」と当時を懐かしんだ。

【動画】『男はつらいよ』22年ぶり新作特報

 シリーズ50周年を記念する本イベントに登壇した山田監督は、第1作『男はつらいよ』の初日に思いを巡らせ「新宿松竹という大きな劇場に観に行ったことを覚えている」と語り出すと「映画が出来上がり、スタッフ試写を行った際、誰も笑っていなかったんです。当時から渥美清さんは大スターで、喜劇を作るつもりだったし、松竹もそれを望んでいたから『真面目な映画を作っちゃったな』と落ち込んでいたんです」と吐露。

【広告】

暑い日が続くようになってきて

熱中症のニュースが

聞かれるようになってきました。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても

湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による

労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようですので

酷暑を迎える前に空調服の導入を

御検討ください。

空調服は酷暑での作業環境はもちろん

夏の釣りやキャンプの

アウトドアライフなどでも使用されています

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。