「鬼滅の刃」、栗花落カナヲ役は上田麗奈 “柱”のキャストたちへの期待高まる(AbemaTIMES)

出典元:鬼滅の刃

8月24日より順次放送されているアニメ「鬼滅の刃」第21話に、炭治郎らと同じく最終選別で生き残った剣士・栗花落カナヲ(声優・上田麗奈)が登場した。

 「鬼滅の刃」は「週刊少年ジャンプ」で連載中の吾峠呼世晴氏による同名漫画が原作。炭売りの少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”となって戦う姿を描いている。

 第21話「隊律違反」では、鬼は当然処分しようとする胡蝶しのぶが、禰豆子をかばう冨岡義勇と衝突する。逃げる禰豆子に迫ったのが、カナヲだった。カナヲは、炭治郎らと同じく最終選別で生き残った剣士だが、その人物像はまだ謎に包まれたまま。カナヲ役を演じる上田麗奈は、「今までたくさん頑張ってきて、そしてこれからもっと頑張れるパワーを持っている、そんな女の子だと思っています」とコメントを寄せている。

 また、累の両親役は、桑谷夏子と立花慎之介が演じ、鎹鴉役は、高木歩と檜山修之が演じた。相変わらずの豪華キャスティングに対して、「カラスの声が豪華すぎでは……?」「もう出てこないであろうキャラのキャスト相変わらず豪華すぎひん?」「カナヲcv上田麗奈さんやん最高かよ!」「まって推しちゃんの中の人うえしゃまとかもう歓喜」と称賛の声が寄せられている。

 第21話のラストシーンでは、ついに鬼殺隊の主軸“柱”たちが集結しており、こちらのキャスティングも「楽しみすぎる」と話題だ。“

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。