菅田将暉、“新星”YOSHIを絶賛「新人類であり、興味深い生き物」(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:菅田将暉を絶句させたYOSHI(右から2人目)

[映画.com ニュース] 大森立嗣が監督・脚本を手がけた青春映画「タロウのバカ」の完成披露上映会が8月26日、都内で行われ、大森監督をはじめ、主人公タロウ役で俳優デビューを飾るYOSHI、共演する菅田将暉と仲野太賀が舞台挨拶に立った。

 戸籍を持たず、通学経験もない少年タロウと、彼の仲間である高校生のエージ(菅田)、スギオ(仲野)が奔放な日々を送るなか、偶然手にした拳銃によって、過酷な現実と向き合う姿を描く。

 大森監督が20年以上にわたり、温め続けた企画で「ほぼ1作目の脚本で、ストレートな気持ちが込められている。(映画化まで)長い時間がかかったが、ずっとやりたいという気持ちがなくならなかった」と強い思い入れ。樹木希林さんが出演した「日日是好日」の興行的な成功も後押ししたそうで「おかげで撮りやすい環境になった。やっぱり、ヒット作は大切」と語った。

 何より、YOSHIとの出会いが原動力だったといい「そこに菅田と太賀が乗ってくれた」。現場では「YOSHIが僕の膝の上に乗って、『これ終わったら、ゲーセン行こう』って(笑)」とその自由奔放な言動に苦笑い。それでも「YOSHIを迎え入れるということは、逆におれら現場が問われていた」と振り返った。

 現在16歳のYOSHIは「緊張する」と壇上で落ち着かない様子。大森監督との初対面については「まずお母さんのところに台本が来て、読んだら、やべー、面白いって。で、たっちゃん(大森監督)に会いに行って。なんだかんだで決まった。最初は過激だって、お母さんに反対されたけど」と無邪気な口調で明かしていた。

 そんなYOSHIの姿に、「いやあ、もう絶句でしたね。新人類であり、興味深い生き物。エピソードはあり過ぎる」(菅田)、「10歳くらい離れていますけど、礼節というものを飛び越えて『あっ、よろしく。太賀でしょ? 何度か見たことあるよ』みたいな(笑)」(太賀)とやはり最初は驚いたという。

 それでも、菅田は「生かすも殺すもおれら次第だなと。しょうもないことで未来が奪われないために、何を教えたらいいか。太賀と作戦会議を開いた」とYOSHIの才能を絶賛。「YOSHIにしかタロウは演じられないし、YOSHIが演じたからタロウになった。ぜひ、YOSHIというスーパースターと出会って」と本作をアピールした。

 「タロウのバカ」は、9月6日からテアトル新宿ほか全国で公開。R15+指定。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。