古舘佑太郎、監督の「ヤバい撮影がしたい」に衝撃(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:古舘佑太郎

ミュージシャンで俳優の古舘佑太郎が主演する映画『アイムクレイジー』の初日舞台あいさつが24日、東京のシアター・イメージフォーラムで行われ、古舘、女優の桜井ユキ、本作が長編デビューの工藤将亮監督が出席。古舘は、工藤監督について「いきなり監督が『俺は警察に捕まってもいいから、ヤバい撮影がしたい』って言うんで、一瞬怖くなったのを覚えています」と振り返り、客席を笑わせた。

映画『アイムクレイジー』予告編

 森田芳光監督をはじめ、行定勲監督、白石和彌監督ら、有名監督のもとで腕を磨いた工藤監督の長編第1作目。2人が最初に出会ったのは、4年前にさかのぼるということで、工藤監督は「当時『太陽の塔』という小説(森見登美彦・著)を映画化しようと、古舘くんの主演と音楽でやりたいと、直接会ってオファーしたのが最初です」と説明。「渋谷の街で、若者たちがテロを起こす話」にしたというが、残念ながら作品化には至らなかった。

【広告】

妊娠したい人の潤滑ゼリー

最適な粘土・ph・浸透圧にこだわりました


コメントは受け付けていません。