3密回避でのんびり移住 コロナ禍で高まる都会人の「農村移住」は今後増えるのか(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年。在宅勤務(テレ―ワーク)を導入する企業が増えたことなどを背景に、東京などいわゆる「都会」に住む人々の間で農村での暮らしに対する関心が高まっているようです。

【移住したい?】アンケート調査の結果を見る(画像6枚)

 林野庁の委託を受けて森林サービス産業プロモーション共同企業体(中央区晴海)が行った「新しい日常における森林活用の意向調査」によると、農山村に移住・定住したいと考える人は「してみたい」「どちらかと言えばしてみたい」を合わせて24.4%(約781人)。4人にひとりが、移住の意向を持っていることが分かりました。

 調査は2020年6月26日~29日、東京などの都市部を中心に全国20~50代の男女3200人にインターネットで実施されました。

 この数字を多いと見るか、少ないと見るか。

 調査対象や質問項目が異なるため単純な比較はできませんが、内閣府が2019年10月に実施した「森林と生活に関する世論調査」では、「定住してみたい」と「どちらかと言えば定住してみたい」の合計は20.8%でした。

 また、逆に「移住・定住の意向が薄い」人の割合を見ると、2019年内閣府調査が62.7%で、2020年林野庁調査は47.1%。コロナ禍で実施された今回の調査の方が関心を持つ人の割合が増えていると言えそうです。

 さらに、移住希望者のうち、テレワークが可能になった場合には移住したいと考える人の割合は71.9%。コロナ禍の「新しい生活様式」で推奨される、都心のオフィスなど場所に縛られない働き方が実現できるのなら移住を……と考える潜在ニーズの高さが明らかになりました。

 移住意向を持つ人たちは、農山村のどのような点に魅力を感じているのでしょうか。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。