2PM & BIGBANG、カムバック最新事情を現地からレポート【ハングクTIMES Vol.13】(オリコン)

出典元:オリコン

音楽、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。実際に現地に行って楽しみたくても、コロナの影響で韓国に行くのは難しい日々が続きます。そんなあなたに、グルメ・ファッション・コスメなど気になる情報も含めて、韓国在住のライターが現地の最新レポートを週替りテーマで毎週金曜日にお届けします!

【写真】平均年齢32歳…4年ぶりに“完全体”でカムバする2PM BIGBANG自撮りショットも

 こんにちは、韓国在住ライターの二俣愛子です。今回のテーマは、2021年6月28日にカムバックが決定した2PMと、今か今かとカムバックが期待されているBIGBANGについて。韓国のリアルな反応とともにレポートします。

■カムバック決定!平均年齢32歳になった2PM

 2008年にデビューした2PMは、“野獣系アイドル”の異名を持ち、ワイルドで男らしいスタイルが魅力のダンスボーイズグループ。日本でも大人気となり、メンバーのテギョンは日本でもドラマ『僕とスターの99日』(2011)に出演していました。

 2017年よりメンバーの入隊がはじまるとともに活動を休止し、その4年後となる今、7thアルバム『MUST』で完全体(メンバー全員)カムバックが決定しました。

 ウヨンはNiziUを輩出した日本と韓国の合同オーディション・プロジェクト『Nizi Project』に先輩として出演するなど、最近になってテレビで目にする機会があったなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

■歌手に俳優…それぞれがソロで大活躍!

 グループとしての活動が止まっている間も、韓国ではメンバーのソロ活動が目立ちました。

 音楽では、作詞作曲も手掛け抜群の歌唱力を誇るジュンケイが独自の音楽スタイルを確立。ウヨンとジュノも同様にソロとして音楽活動を積極的に行っていて、コロナ以前は日本でも大活躍していました。

 また、ウヨンは韓国の超人気バラエティー番組『私は一人で暮らす(ナ ホンジャ サンダ)』(日本での放送名『シングル男のハッピーライフ』)に出演すると、高視聴率を記録して再ブレイクを果たした感あり。今ではサブレギュラーメンバーとして登場し、彼の人気の高さをうかがわせています。 

 この番組で、ウヨンの家にチャンソンが遊びに来るシーンが放送されたことも話題を集めました。家の暗証番号を知っているほど仲がいいことが明るみになったり、チャンソンがウヨンのために得意の料理を披露したり、2人が2PMの曲をかけて踊るシーンが公開されると、本格的な2PMのカムバックを期待する声が続出。

 さらに、テギョン、チャンソン、そしてアーティストとしてのソロ活動も目立つジュノの3人は、俳優としてさまざまな作品に登場。

 ここ最近では、テギョンが5月まで放送されていた大ヒットドラマ『ヴィンチェンツォ』で、 猟奇的な演技を披露。今までにないキャラクターを演じあげ、韓国国内でも高い評価を得ました。このドラマ内では、チャンソンとニックンが友情出演しているシーンがあり、ファンを驚かせたはず。

 ニックンは、中国で俳優として活動するだけではなく日本でソロコンサートを開催するなど、国内外で大活躍しています。

 現在2PMは、全員で出演するCMが放送されたり、メンバーがバラエティー番組に出演中。そのためテレビで彼らの姿を目にする機会がかなり増えました。

 個々が華々しく活躍してきた2PMが、全員そろってカムバックする日はもうすぐそこ。話題が集中すること間違いなしです。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。