“魔王”の借りは“女神”が返す 高宮まりの猛プッシュ勝利にファン「頼もしくなった」/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

出典元:高宮まり

大和証券Mリーグ2019・2月10日の2回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)が、個人4勝目、チーム20勝目を挙げた。闘う“女神”高宮が、1戦目で惜敗したチームメイトの“魔王”こと佐々木寿人(連盟)のラスを帳消しにした。

【映像】戦いの女神・高宮まり、チームの危機を救う笑顔の勝利!

 対局者は起家からKADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)、高宮、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)。

 東3局でリーチ・平和・一気通貫で8000点をアガった高宮は、2万点台の3着目で南場を迎えていた。

 沢崎が親番で驚異的な粘りを見せる中、高宮は南1局4本場、16巡目という終盤に待望のテンパイを入れ、迷わずリーチを宣言。これを自身最後のツモ番でリーチ・ツモ・三色同順に仕上げ、8000点(+1200点)を加点しトップ戦線に躍り出た。

 沢崎と700点差のトップ目で迎えた南4局オーラスでは、タンヤオ仕掛けで前に出ると、11巡目に一番乗りでテンパイ。親番・滝沢のソーズのホンイツ仕掛けにも「頑張って押すからお願い!」と念じ、滝沢に8索を加カンされながらもタンヤオ1000点を滝沢からアガり切って、トップをもぎ取った。

 このトップで個人成績でも数々の強豪と堂々と渡り合うプラス域に浮上。直近では、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)のおめでた報告、チームメイト・藤崎智(連盟)が同団体の最高峰タイトル・鳳凰位を獲得という嬉しいニュースが続いていたことを受け「私もこうやっていろいろいいことが報告出来るように、麻雀も人生も頑張ります」と微笑んだ。

 昨シーズンは出番さえなかなかもらえなかった高宮だったが、今シーズンはここまで18試合に出場。開幕からブレることのない勇猛果敢な戦いぶりには「可愛い」「凛々しい」という声とともに「高宮は戦うから好きだな」「高宮、寿人のラス挽回か、頼もしくなったなあ」とファンからも闘う“女神”を称える声が、日を追うごとに増し続けている。【福山純生(雀聖アワー)】

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。