街に捧げる愛の告白、現代にふさわしい名作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

人種と都市の富裕化に取り残される人々を描いた、現代にふさわしい名作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』。笑い、感動、怒りが詰まった本作は、サンフランシスコ・ベイエリア出身のジョー・タルボット監督と俳優ジミー・フェイルズが街に捧げる愛の告白である。

写真:サンフランシスコを美しく捉えた『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』

※本記事は、ローリングストーン誌の2019年サンダンス映画祭特集の一部として1月28日に初掲載されたものである。
※注:文中にネタバレを含む箇所が登場します。

ジョー・タルボット監督デビュー作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』(10月9日より公開中)には、特別な何かがあることに冒頭の5分間で気づかされる。その理由は、何かを見上げるアフリカ系アメリカ人の少女が映し出される最初のシーンだけではない。少女の視線の先には瓦礫を拾う男がいて、目を凝らすと防護服を着ていることが次のシーンでわかる――実際、この奇妙でありながらもウィットに富んだ素晴らしい映像は、ワンツーパンチのような効果を出している。街路の真ん中で牛乳のコンテナの上に立ち、自分たちを追い出そうとする街にいまこそ立ち向かうべきだとわめく男がいる。彼の声に耳を傾けるのは、ジミー(ジミー・フェイルズ)という名前のパートタイムのホスピス看護師・フルタイムのスケーターと、“モント”ことモントゴメリー(ジョナサン・メジャース)という脚本家志望の男ただふたり。街頭の宣教師のような男の背後にはサンフランシスコ湾が広がり、海岸線には化学防護服姿の男たちの姿が点在している。説教を数分ほど聞くと、ジミーは「スケボーしようぜ」と言う。

特別な瞬間はここからだ。モントは相棒ジミーの背中にくっつき、ふたり乗りでサンフランシスコの街中を滑るように進む。声を出して笑う近隣の住民や戸口に立つアジア系スーパーの店員の前を通過し、カフェラテを持った、いぶかしげな顔つきの白人連中や好奇心の眼差しを向ける観光客を追い抜いていく。テンダーロイン地区では、ヒッピーふうの頭のおかしな男が「俺も乗せてくれ!」と叫びながら並走をはじめる。その男は、走る速度を緩めずに一枚ずつ服を脱いでゆく。彼らが通過するヴィクトリアン様式の家並みは、下からのカメラワークによって中世の城のようだ。すべてが夢のようなスローモーションで進み、オーケストラの音楽が徐々に展開してゆく。音楽をかき消さんばかりに宣教師ふうの男の叫び声が響く。「ここは俺たちのホームだ。ここが俺たちの祖国なんだ!」

笑い、感動、怒りが詰まった、ジェントリフィケーション(訳注:都市の居住地域を再開発して高級化すること)の顛末を十分すぎるほど見守ってきたサンフランシスコへの愛の告白のような『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』。同作は、オープニングが終わるとストーリーモードに切り替わる。だが、同作が純然たる唯一無二の作品のように思えるのは、叙情的で、概して調子が狂ったような特徴的な街のシンフォニーのおかげである。同作は、幼なじみであるフェイルズとタルボット監督の実体験を大まかにベースとしている。「ジミーと一緒にバーナル・ハイツを長いあいだブラブラするうちに」物語の構想が生まれたとタルボット監督は語る。『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は超常現象的なホラー要素のない、ある家の物語であり、それはユニークで、高潔で、感動的だ。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer”> ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。