菅田将暉、沢田研二の演技に「志村さんを感じた」(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の菅田将暉が28日、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、前田旺志郎、宮本信子、山田洋次監督と共に都内で開催された映画『キネマの神様』完成披露舞台あいさつに登壇。菅田は本作に出演するはずだった志村けんさんの代役を務めた沢田研二について「志村さんを感じた」と言い「他にない映画に間違いなくなっている」と仕上がりに胸を張った。

【写真】菅田将暉、永野芽郁らキャスト&山田洋次監督登場 『キネマの神様』舞台あいさつフォト

 松竹映画100周年を記念して企画された本作は、作家・原田マハの同名小説を映画化。映画監督になる夢を追いかけるゴウ(現在:沢田/過去:菅田)、ゴウの妻となった淑子(現在:宮本/過去:永野)、そしてゴウの撮影所仲間であるテラシン(現在:小林稔侍/過去:野田)などが織りなす、青春と奇跡に満ちた物語を描く。

 菅田は志村さんの本読みを見学したそうで、志村さんの死を踏まえて書き直された脚本については「もちろん、すごく残念なことなんですけど、また1個違うパワーがそこから生まれている感じがして。その本を読んだときはすごく公開の日が楽しみだった」と回想。

 また「沢田研二さんの演じたゴウを見た時に、どこかで僕が勝手に志村さんを感じたというか。僕らの過去パートをご覧になってから演じてくださったっていうのが、そういう理由なのかなと思うんですけど。だから、確実にいろいろなものが残っていて。他にない映画に間違いなくなっているなと思いました」とも語った。

 その後、物語にちなんで現場で感じた奇跡的な体験を聞かれた菅田は、他の現場ではあまり経験しないリテイク(撮り直し)や、山田監督からの指導を振り返り「本当に幸せでした。マジかと思いました」と述懐。

 一方の永野は「監督が朝、突然“How are you?”って聞いてくださった日があって。監督の英語を聞けた」とにっこり。どう返したのか尋ねられると「英語で敬語にするの、どうしたらいいかわからなくて。なので『I’m fineです』って返したんです(笑)。そうしたら『よかった』って言ってくださったんですけど」と明かして壇上を沸かせた。同じ質問に野田は、現場の待ち時間でギターを即興で弾いていたところ、山田監督がその曲を採用したことを明かした。

 映画『キネマの神様』は8月6日より公開。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。