“英雄”から“容疑者”にされた男の反撃が始まる 「リチャード・ジュエル」緊迫の30秒予告(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:巨大権力に立ち向かう

[映画.com ニュース] 「アメリカン・スナイパー」「ミリオンダラー・ベイビー」などで知られるクリント・イーストウッド監督の最新作「リチャード・ジュエル」の30秒予告が公開された。

【動画】クリント・イーストウッド監督最新作「リチャード・ジュエル」30秒予告

 1996年に起きた、アトランタ爆破事件。警備員のリチャード・ジュエルは、第一発見者として数多く人々を救った英雄として報道されるが、事件からわずか3日後、第一容疑者として実名報道されたことで状況は一転。爆弾犯の汚名を着せられる。情報は瞬く間に拡散し、メディアによる連日の報道によって、ジュエルは名誉だけではなくプライバシーまでをも奪われてしまう。そんな時、ジュエルの潔白を信じる弁護士ブライアントが立ち上がる。

 30秒予告では、まるで犯人のように報道されているリチャードに、このままでは「死刑にされてしまう」と警告し、「彼の人生を潰す気か」と吠えるワトソンの姿が収められている。反撃を開始しようとする2人の前に立ちはだかるのは、国家の威信をかけて爆弾犯の早期逮捕を急ぐFBI、スクープという獲物に容赦なく襲いかかる“メディアリンチ”の罠だった。

 主人公のジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザーが演じるほか、「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがブライアント役で共演。「ミザリー」のキャシー・ベイツはジュエルの母ボビを演じ、第77回ゴールデングローブ賞で助演女優賞にノミネートされた。

 「リチャード・ジュエル」は、20年1月17日から全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。