芦田愛菜『星の子』涙の演技が話題 6年ぶり実写映画主演で大人の女優へ(シネマトゥデイ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:シネマトゥデイ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」への出演も発表され話題沸騰の芦田愛菜。公開中の主演映画『星の子』では子役から大人の女優へと成長した芦田の演技に高評価が寄せられている。とりわけ、目を引くのはシチュエーションによって全く異なるニュアンスを見せる涙の演技だ。

【写真】芦田愛菜、驚異のバリエーション!『星の子』場面写真

 本作は、「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞を受賞した今村夏子の同名小説を、『タロウのバカ』『MOTHER マザー』などの大森立嗣監督が映画化。宗教に心酔する両親(永瀬正敏&原田知世)のもとで育った中学3年生のちひろ(芦田)の受難、きらめきを映し出す。「怪しげな水を信じる両親」だが、彼らを肯定も否定もしていないところが作品の肝。すべては病弱だったちひろを救いたい一心であり、娘に惜しみない愛情を注ぐ両親として描かれている。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。