芦田愛菜、16歳が信じていること(シネマトゥデイ)

出典元:シネマトゥデイ

『星の子』で新興宗教の信者である両親を持つがために周囲から偏見を持たれ、大好きな姉や親せきとも疎遠になるなか、自分の信じる道を模索するちひろを演じた芦田愛菜が、作品のテーマである信じることについて、16歳ならではの考えを明かした。

涙いっぱいの横顔…『星の子』場面写真

 「信じるって日常生活でよく使う言葉ですよね。誰かを信じているとか自分を信じたいとか。それはどういうことなのかなと考えてみると、何もその人自身を信じているわけではなくて、自分が期待している人物像を思い描いているだけじゃないかと思うんです」と丁寧な言葉で、信じることについて独自の解釈を披露した。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。