舞台『AD-LIVE 2021』出演者発表 鈴村健一、木村昴、杉田智和、榎木淳弥、森久保祥太郎、下野紘、蒼井翔太、安元洋貴ら計13人(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

声優の鈴村健一が総合プロデューサーを務め、人気声優たちが出演する即興舞台劇『AD-LIVE 2021』(アドリブ)の出演者が24日、発表された。初挑戦のキャスト5人を含む計13人が出演し、「if~建前と本音~」をテーマに6日間、12公演に挑む。

【画像9枚】出演する人気声優13人!「AD-LIVE」個別ポスターもズラリ

 ユメノスケ役のCVを鈴村健一が務めるほか、9月4日は木村昴、杉田智和、9月5日は諏訪部順一、吉野裕行、9月25日は畠中祐、八代拓、9月26日は榎木淳弥、森久保祥太郎、10月9日は下野紘、前野智昭、10月10日は蒼井翔太、安元洋貴が出演する。

 「AD-LIVE」は、大まかな世界観と舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているだけで、出演者のキャラクター(役)、セリフ、全てアドリブで紡がれ、お互いのキャラクターは事前に知らされず舞台上で初めて知り演じていく。何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれることが、ファンの間で人気となっている。

 「AD-LIVE 2021」のテーマは「if ~建前と本音~」。「もし、あのときの選択が違ったら人生はどうなっただろう…」。そんな誰もが思い描く「if」の世界が今年のテーマとなる。今年の「AD-LIVE」で例年と大きく異なるのが二幕構成で、物語は一幕、二幕ともに同じ設定で展開されるが、キャストは一幕では「建前」を、そして二幕では「本音」を演じる。

 演出ギミックや一幕のオチはくじによって決められ、物語はさらに予想もつかない展開を生み出す。人生の岐路によって枝分かれした2つの物語。「建前」と「本音」で物語にどんな変化が起きるのか? そんな物語の舞台となるのが「あなたの夢をサポートする会社」、夢之助本舗。日本のホテル王だった「叶夢之助」が創始者の謎多き会社。人生の目標である「夢」に絡む「建前」と「本音」…。登場人物たちはどんな夢を描き、「建前」と「本音」をどう演じ分けるのか…?2つの物語はどんな結末を迎えるのか…?進化を止めない「AD-LIVE」が贈る「if」の世界を見ることができる。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。