約20年前まで「給与は現金支給」 日本を代表する日本橋の超有名組織とは(アーバン ライフ メトロ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:アーバン ライフ メトロ

近年、東京ではPASMOやSuicaのような交通系ICカード、PayPayなどのQR・バーコード決済、クレジットカードなど、キャッシュレス決済が当たり前になっています。とりわけ、QRコード決済は銀行口座からチャージできるものも多いため、お金を使い過ぎて後からがくぜんとすることも防げます。

【ひと目でわかる】各店舗での「キャッシュレス決済」動向

 また各種のポイントカードもスマホアプリに移行しつつあり、財布を持ち歩かなくても買い物に出掛けられることもあり、とても便利です。

 このキャッシュレス決済の普及によって、2021年春から始まろうとしているのが給与のデジタル払いです。

 デジタル払いとは、会社が銀行や郵便局の口座にお金を振り込むのではなく、各種の決済アプリで送金するというもの。日本よりもキャッシュレス決済が進んでいる中国では、企業間でWeChat Pay(ウィーチャットペイ。中国版LINEと言われる「WeChat」に付随するモバイル決済機能)を使って支払いを行うことが普及しています。

 しかし日本の場合、買い物への利用に比べて送金の普及はいまいち広がっていません。企業側はもとより、労働者側もデジタルで給与を受け取った場合、初めのうちは大変です。なにせ、これまで銀行口座を使って各種支払いや引き落としを行ってきたからです。

 また決済アプリの運営企業(金融庁に登録する資金移動業者)が破綻する可能性もゼロではありません。もちろん銀行側も個人預金が消えることを懸念しています。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。