米Indiewireが選ぶ2019年米公開映画最高の瞬間トップ15(映画.com)

出典元:「パラサイト 半地下の家族」の一場面

[映画.com ニュース]巨匠マーティン・スコセッシ監督が、第2次大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの生き様を通して、道徳の曖昧さと罪の重さという永遠のテーマを再び追求した「アイリッシュマン」、広大な宇宙を舞台に、人間の存在と生命の神秘について哲学的に問いかける、ジェームズ・グレイ監督の「アド・アストラ」、多種多様な要素を巧みに織り交ぜ、新たなジャンルを創出してみせたポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」など、バラエティに富んだ傑作映画が数多く誕生した2019年。米IndieWireが、19年に公開された映画15本から特に印象に残った名場面を取り上げ、ランキング方式で発表した。

米IndieWireが選んだ、2019年公開作における最高の瞬間ベスト15は以下の通り。

1. 「Portrait of a Lady on Fire(原題)」(セリーヌ・シアマ監督)
エロイーズ(アデル・エネル)がマリアンヌ(ノエミ・メルラン)に自画像を描かせるシーン。

2. 「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)
スパイク・リー監督の秀作「25時」を彷彿とさせる、衝撃的なフェイントによるラスト。

3. 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」(グレタ・ガーウィグ監督)
何十年ぶりかに娘のピアノが奏でられるのを耳にして立ちつくす、クリス・クーパー演じるミスター・ローレンスのリアクションを捉えた切なすぎる瞬間。

4. 「アド・アストラ」(ジェームズ・グレイ監督)
宇宙探索中に消息を絶った父を捜しに、太陽系の遥か彼方へと旅立った宇宙飛行士ロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)。ストイックで感情を表に出さないロイが、こみ上げる想いを抑えきれずに、「もう一度会いたいよ、父さん」と呼びかけるシーンは、「キャリア史上最高の演技」と絶賛を浴びたピットの名演が観る者の胸に深く突き刺さる。

5. 「フェアウェル」(ルル・ワン監督)
「アリー スター誕生」のバックミラー・ショットも素晴らしかったが、本作でのリアウィンドウ・ショットはそれを上回る。

6. 「The Souvenir(原題)」(ジョアンナ・ホッグ監督)
悲劇的な結末をやり直すべく、主人公が世に解き放った若き“もうひとりの自分”を瑞々しく捉えたモンタージュ。

7. 「Uncut Gems(原題)」(ジョシュ&ベニー・サフディ監督)
サフディ兄弟の魔法にかかると、アダム・サンドラー扮する主人公の結腸のクローズアップさえ、気持ち悪いどころか不思議と美しく見えてしまう。

8. 「シノニムズ」(ナダブ・ラピド監督)
男らしさを示威する2人のイスラエル人がパリで対峙する、緊迫感みなぎる瞬間。

9. 「Her Smell(原題)」(アレックス・ロス・ペリー監督)
アルコール依存症に苦しむパンクロッカー、ベッキー・サムシング(エリザベス・モス)の波乱万丈な人生を、5つのチャプターで綴る本作の終盤、しらふになったベッキーが、ブライアン・アダムスのヒット曲「ヘヴン」を娘にピアノで弾き語って聴かせる場面。

10. 「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」(ライアン・ジョンソン監督)
ジョンソン監督による緻密に仕組まれた小道具使い。(どの場面かは見てのお楽しみ。)

11. 「アイリッシュマン」(マーティン・スコセッシ監督)
時に一見たわいのないシーンが、ドラマチックなシーンより深い余韻を残すもの。フランク(ロバート・デ・ニーロ)と娘ペギーによる対照的な2つの朝食場面は、内なる悪魔と葛藤するフランクの苦悩を、さりげない日常の風景を通して鮮明に描き出す。

12. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(クエンティン・タランティーノ監督)
銃の撃鉄を起こし、「俺はリック・ダルトン様だ」と自分に言い聞かせるかのように呟くレオナルド・ディカプリオ……これぞ映画スター!と唸らされる瞬間に、興奮を覚えた観客は少なくないはず。

13. 「Pain & Glory(原題)」(ペドロ・アルモドバル監督)
オープニングからエンディングまで美しく胸を打つシーンの連続だが、最後の最後に新たな視点を導入することで、映画全体を再構築してみせる圧巻のラストは、アルモドバル監督にしか出来ない離れ技。

14. 「ミッドサマー」(アリ・アスター監督)
舞台となる夏至祭の、そして映画そのもののクライマックスを飾るダンス・シークエンス。華やかな美しさと不穏な空気を見事に調和させた振り付け、主人公ダニーの困惑から喜び、恐怖へと目まぐるしく移りゆく感情を、台詞なしで表現したフローレンス・ピューの演技ともに完璧。

15. 「ハイ・ライフ」(クレール・ドニ監督)
ロバート・パティンソン演じる主人公モンテと、10代に成長した娘ウィローの最後のやり取り。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。