神はサイコロを振らないが新作発表、“唯一人”の闇を照らす作品に(音楽ナタリー)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:音楽ナタリー

神はサイコロを振らないが11月27日に新作音源「文化的特異点」を配信リリースする。

【写真】神はサイコロを振らない「文化的特異点」配信ジャケット(メディアギャラリー他1件)

本作はメジャー1stシングル「泡沫花火」や映画「リトル・サブカル・ウォーズ ~ヴィレヴァン!の逆襲~」の主題歌「目蓋」、7月のオンラインライブで披露された「パーフェクト・ルーキーズ」など7曲を収録。YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露された「夜永唄 – From THE FIRST TAKE」「泡沫花火 – From THE FIRST TAKE」も聴くことができる。

柳田周作(Vo)は本作について「ロックバンドで在り続ける事の証明、そして、その存在意義を旗揚げするように産み落とされた楽曲たちが、重圧や苦しみを抱え自問自答しながら生きる人々に対し強く生き抜く為のアンサーソングになれる事を願って。この文化的特異点という作品で“唯一人”の闇を照らしたい」とコメントしている。また本作の特設サイトでは、柳田による収録曲のセルフライナーノーツを読むことができる。

なお現在歌詞検索サービス・歌ネットでは「パーフェクト・ルーキーズ」の歌詞を先行公開中。明日11月10日21:00には「導火線」、11月11日21:00には「遺言状」という新曲2曲の歌詞が公開される。

■ 柳田周作 コメント
メジャーデビュー以降、畳み掛けるようにバラードを配信シングルとしてリリースし続けたのは、勿論バラードも我々の武器であると自負しているからだが、それらを陽とするならば《激しさ》《毒々しさ》《刺々しさ》といった陰の要素も間違いなく”神はサイコロを振らない”を象る一部であり、絶対的な武器である。ロックバンドで在り続ける事の証明、そして、その存在意義を旗揚げするように産み落とされた楽曲たちが、重圧や苦しみを抱え自問自答しながら生きる人々に対し強く生き抜く為のアンサーソングになれる事を願って。この文化的特異点という作品で”唯一人”の闇を照らしたい。

■ 神はサイコロを振らない「文化的特異点」収録曲
01. パーフェクト・ルーキーズ
02. 導火線
03. 遺言状
04. 泡沫花火
05. 目蓋
06. 夜永唄 – From THE FIRST TAKE
07. 泡沫花火 – From THE FIRST TAKE

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。