瀧内公美と神尾楓珠が裏アカで知り合い、一夜限りの関係に…ラブシーンおさめた予告&ポスター完成(映画.com)

出典元:瀧内公美と神尾楓珠の二面性が表現されたポスター

[映画.com ニュース] 瀧内公美と神尾楓珠が共演した映画「裏アカ」の予告編とポスタービジュアルがお披露目された。映像には、SNSの裏アカウントを通して知り合う男女を演じた瀧内と神尾のラブシーンが切り取られている。

【フォトギャラリー】「裏アカ」の過激な投稿にハマっていく主人公を演じた瀧内公美

 「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILMS 2015」で準グランプリに輝いたオリジナルストーリーを映画化。木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出ら日本を代表する監督のもとで助監督を務めてきた加藤卓哉が監督デビューを果たし、高田亮(「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」)とともに共同脚本を手掛けた。今の社会や時代が持つ二面性を象徴するSNSの裏アカを題材に、現代人が抱える葛藤や欲望、性への衝動を赤裸々に描き出す。映画「火口のふたり」で第93回キネマ旬報ベスト・テンの主演女優賞を受賞した瀧内、「私がモテてどうすんだ」が控える神尾のほか、市川知宏、SUMIRE、田中要次、神戸浩、松浦祐也、仁科貴、ふせえりが共演した。

 青山のアパレルショップで店長を務める伊藤真知子(瀧内)は、どこか満たされない日々を送っていた。ある日、年下のカリスマ店員・新堂さやか(SUMIRE)の何気ない一言がきっかけで、SNSの裏アカを作り、胸元の際どい写真を投稿。表の世界では決して得られない反応に快感を覚えた真知子の投稿はどんどん過激になっていき、フォロワー数も増加。やがて「リアルで会いたい」「もっと自分を解放して」という言葉に誘われ、フォロワーのひとりである年下の男“ゆーと”(神尾)と会い、自分と同じ心の乾きを持つ彼に惹かれていく。

 予告編では、後輩に仕事を奪われるなど、思い描いていたものとは全く違う真知子の日常を活写。そんな心の隙間を埋めるように、真知子は過激な投稿にハマっていく。やがて、フォロワーの“ゆーと”と一夜限りの関係を結ぶが、思いがけないことに、仕事で再会してしまう……。真知子が「もう一度だけ“ゆーと”に会いたいんです」と思いを募らせる姿が映し出され、衝撃の結末を予感させる映像に仕上がっている。

 ポスターは、鏡に映る自分を見つめる真知子が中央に配置され、「『本当のあなた』は、どこ?」という言葉を見る者に投げかけている。右下にはアパレルショップで笑顔を浮かべる一方、自らを撮影し裏アカに投稿する無表情の真知子を活写。そして左上には、“ゆーと”の美しい背中と、本名の原島努として真知子と再会した際のスーツ姿が確認できる。ふたりが表の顔と裏の顔を使い分ける二面性が表現された、緊張感漂うビジュアルが完成した。

 「裏アカ」は、6月12日から新宿武蔵野館、池袋HUMAXシネマズ、渋谷シネクイントほか全国で公開。なお、公式SNS(http://www.uraaka.jp/)をフォローすると、公式SNSの裏アカを閲覧することができる。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。