架空の島の売春宿で起こる壮絶な闘い 監督・佐藤二朗×主演・山田孝之「はるヲうるひと」特報(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:キービジュアルも完成!

[映画.com ニュース] 俳優の佐藤二朗がメガホンをとり、山田孝之が主演する映画「はるヲうるひと」の公開日が、5月15日に決定。あわせて、キービジュアルと特報映像がお披露目された。

【動画】「はるヲうるひと」特報

 佐藤監督が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演され、14年に再演された人気舞台を、自ら脚本、監督を手掛け映画化。佐藤監督は「架空の島の売春宿で、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」と語る。山田のほか、仲里依紗、今藤洋子、笹野鈴々音、駒林怜、太田善也、向井理、坂井真紀に加え、佐藤監督もキャストとして出演する。

 物語の舞台は、至るところに「置屋」が点在する島。ある「置屋」にその“三兄妹”はいた。長男の哲雄(佐藤)は店を仕切り、凶暴凶悪な性格で恐れられている。次男・得太(山田)は哲雄にこびへつらい、子分のようにしたがっている。長女・いぶき(仲)は、長年の持病を患い床に伏しいてる。ここで働く4人の個性的な遊女たちは、哲雄に支配され、得太をバカにして、いぶきに嫉妬していた。女を売る家で唯一女を売らず、それどころか優遇された箱入り娘。しかも、いぶきはだれよりも美しかった。その美しいいぶきを、得太は幼少から見守り、寄り添っていた。

 キービジュアルは、金髪姿の山田、佐藤、仲をとらえ、「笑え、殺したいほど憎くても。」というコピーを添えたもの。特報では、縁側にいる得太といぶきが「試しに笑え」「無理でも笑え」と言葉を交わす光景からスタート。「今日は客、何人連れて来た?」「己の身の丈もちゃんとわからないの?」と威圧的な態度をとる哲雄、慟哭する得太の姿などをとらえている。

 「はるヲうるひと」は、5月15日から東京・テアトル新宿ほか全国公開。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。