松本幸四郎、歌舞伎休演で自問し続けた5ヵ月間 長男・市川染五郎の飛躍にはエール(クランクイン!)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:クランクイン!

コロナ禍で休演していた歌舞伎座が8月、5ヵ月ぶりに幕を開けた。歌舞伎俳優の松本幸四郎は「本当の再開はまだこれから」としながらも「今の状況は新しい表現を生み出すチャンスでもある」と語る。10月2日より全国公開されるシネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち』では主人公の大黒屋光太夫役を務め、長男の市川染五郎と共演する。歌舞伎界の花形と期待の新星の父子に、作品の魅力や舞台への思いを聞いた。

【写真】松本幸四郎&市川染五郎、仲むつまじい親子2ショット

■光太夫の人間的魅力を探り当てた

 『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』は、江戸時代に船で遭難し、漂着先のロシアでさまざまな困難に直面しながらも10年をかけて日本に帰国を果たした実在の人物・大黒屋光太夫の物語。三谷幸喜の作・演出による新作歌舞伎で、昨年6月に歌舞伎座で上演された舞台が映画化された。

 「光太夫というのは、平たく言うと、船頭さんが漂流してロシアに行ってしまったという、それだけの人なんです。それなのに歴史に名を残しているというすごさが、どこにあるんだろうと思った」と幸四郎。その秘密を探るため、ゆかりの地・三重県鈴鹿市を訪ね、話を聞いて回ったという。そしてたどり着いたのが、光太夫の人間的な魅力だった。

 「一つは、光太夫が初対面の人とすぐ友達になれる人だったこと。それがロシアに長い間いられることにもつながった。また、だいたい漂流した人たちは仲間割れするらしいのですが、光太夫を先頭にしたチームだけは仲間割れがなかったと言いますね。それには光太夫のとてもフレンドリーな人間性も関係しているでしょうし、決断力にも優れた人だったのだろうと感じました」。演じるにあたっては、「リーダーらしい威厳がないところが光太夫の魅力だと思うので、いかにもすごいことを言っている風ではない形で、人の心に届くような言い方ができないかなと思いながら演じていました」と話す。

 17人いた乗組員は、漂流生活を続けるうち、飢えや病気、寒さで次々と死んでいく。生き残った乗組員の中でも、2人は帰国を諦めロシアでの生活を選んだ。「2人とも本当は絶対に帰りたいんですよね。でも精神的に限界を超えてしまい、もうここにいるしかないと、自分で帰国の道を閉ざしてしまった。光太夫にはその思いが分かるからこそ、とてもつらかったのでは」と幸四郎は思いをはせる。いよいよ日本へ帰ることになった光太夫と、ロシアにとどまる2人の別れの場面は、一番の見せ場となる。

■染五郎は本作出演が飛躍のきっかけに

 今年15歳になった市川染五郎は、光太夫と共に帰国を果たす船員の磯吉役を演じている。ロシアの女帝エカテリーナの側近ポチョムキン役などで出演する松本白鸚も含め、親子3代の共演だ。

 役どころについて染五郎は「磯吉は最初は全然仕事ができなくて、でもとても一生懸命で、みんなに認めてもらおうと頑張っている。それでロシア語を誰よりも早く覚え、自分にしかできない特技を見つけた」と説明。「だから、前半は一生懸命さ、後半はようやく仲間として認められ、自信がついた感じを表現しようと思ってやっていました」。

 染五郎にとって、新作歌舞伎への出演は本作が初めて。古典歌舞伎には演出家というものが存在しないため、演出をつけてもらうのも初体験だった。「どのような演出をされ、どのようなご指導をしてくださるのかが楽しみでもあり不安でもありましたけど、すごくいい経験になったと思います」と染五郎。

 本作への出演は俳優として活動の幅を広げるきっかけにもなった。近日公開予定のイシグロキョウヘイ監督のアニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』では、主人公チェリー役で声優に初挑戦。「監督がこの三谷かぶきを見て、出演オファーしてくださったんです」と染五郎は明かし、「どんな方が見てくださっているか分からない。どんどん次へつながっていくように、今後もいろんなことに挑戦したい」と意欲を見せる。

 父の幸四郎も染五郎の磯吉役について「役を自分で作っていくのは、とても大きな大きな経験だったと思うんですね。自分の感情を動かしてお芝居をするのも初めてと言っていいぐらいだった」と語り、「これをきっかけに、さらにどんどん自分の感情を動かせるようなお芝居ができるようになってもらいたい」と一層の飛躍に期待する。

■「舞台がないと役者は何もできないのか」自問した5ヵ月

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、歌舞伎座は3月に公演を中止。7月まですべての舞台が止まってしまった。幸四郎は「舞台がないと役者って何にもできないのかと、無力さを感じました」と振り返る。「ただ、この時期に何かできないか、何かを発信しなければ歌舞伎はなくなってしまうとの思いがありました」。そして始めたのが、オンラインイベントの発信などの新しい取り組みだ。

 歌舞伎座は8月1日からの「八月花形歌舞伎」でようやく再開された。だが、感染防止のため観客席は半数以下に減らされ、「高麗屋!」といった大向こうからのかけ声もできない。舞台上や稽古にもさまざまな制約がある。

 「8月の再開は舞台の上だけ、お芝居を上演することだけに特化された再開なので、本当の再開はこれからです」と幸四郎。売店の営業や筋書きの販売が再開され、大向こうのかけ声も復活し、幕間には歌舞伎座周辺のいろんな店に行列ができなくては、本当の再開とは言えないという。「待ってくれている方々のためにも何とか早く再開したい。それをどうやったらできるかに知恵を絞るのが、今やるべきことだと思います」。

 ただ、今の危機は歌舞伎にとってチャンスでもあるという。制約を乗り越える新たな表現方法はないか、役者同士が接近できないのであれば、近づいて見えるように工夫できないか、そんな模索を続けている。「今の状況は逆に言うと、古典の演出に手が入れられるということでもあるので、ある意味、前向きに考えています」。幸四郎はそう言って笑顔を見せた。(取材・文:角谷正樹 写真:高野広美)

 シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』は10月2日全国公開。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。