松岡昌宏、ハードボイルド・サスペンスでWOWOWドラマ初主演 “警察の中の警察”に(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

TOKIOの松岡昌宏が、2021年放送予定の『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』(WOWOWプライム)でWOWOWドラマ初出演&初主演を果たすことが発表された。身内の不正を洗う警視庁人事一課の監察係を演じる。

【写真】『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』原作書影

 本作は、2013年に『見えざる網』で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞した作家・伊兼源太郎の小説『密告はうたう 警視庁監察ファイル』(実業之日本社文庫刊)をドラマ化したハードボイルド・サスペンス。警視庁人事一課(通称:ジンイチ)監察係の主人公が、一通の密告文に端を発した極秘の内部調査を行う内に、未解決事件の真相へとつながっていく様を描く。監督は『連続ドラマW 殺人分析班』シリーズなどを手掛けた内片輝、脚本は『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』の鈴木謙一、音楽は映画『見えない目撃者』の大間々昂が担当する。

 松岡が本作で演じるのは、4万人を超える警視庁職員の不正を突き止める警視庁人事一課(ジンイチ)監察係に所属する警察官・佐良正輝役。「ジンイチ」は、警察内部の規律を守るため同じ警察官を疑い、見張り、時には告発する「警察の中の警察」。孤独にして秘密主義の部署だ。ジンイチによる監察対象の行動確認(通称:コウカク)は、本来尾行のプロである身内の刑事たちにも気づかれない高い技術が必要。佐良の、緊迫感あふれる「コウカク」シーンは作品の見どころのひとつとなる。

 警視庁捜査一課の刑事・佐良正輝(松岡)は、ある殺人事件の捜査中に後輩刑事の斎藤康太を殉職で失い、警察職員の不正を取り締まる「人事一課監察係」に異動となる。過去の傷が癒えぬまま、同僚から裏切り者と敵視されながら孤独に日々業務をこなす佐良。そんな中、一通の密告文が人事一課に届く。

 密告文は、捜査一課所属時の元同僚・皆口菜子が、不正に機密データを漏らしているというもの。佐良はかつての仲間を洗うことに葛藤を覚えながらも、上司の能馬から監察を命じられ、皆口の行動確認を開始する。すると、ある未解決の殺人事件との接点、そして斎藤の殉職事件の真相が浮かびあがり…。

 松岡は、脚本を読んだ当時を振り返り「一筋縄ではいかない、組織の闇みたいなものを感じました。佐良という男が背負っている、様々な苦しみや葛藤、そして周りを取り巻く人間関係、様々な謎に包まれている作品だと思います。時代と共に、変わっていく佐良という男の考え方、物の捉え方、その辺りにとても深いものを感じます」とコメント。

 続けて「とてもリアルで、変に飾らない、まっすぐ正面から捉えた作品になっていると思います。現場も色々と試行錯誤をし、監督をはじめスタッフ、キャストで何度も何度もディスカッションを重ね、その場その場でそのシーンを大切に作っています。見ていただく方々にそのリアリティが伝わると信じて、作品に挑んでおります。1人でも多くの方に見て頂けたら嬉しいです」とメッセージを寄せている。

 『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』は、WOWOWプライムにて2021年放送。全6話(第1話無料放送)。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。