東西冷戦下、手作りの気球で西ドイツへの脱出を試みた家族の実話 7月公開&予告完成(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:奇想天外な脱出劇を描く「バルーン 奇蹟の脱出飛行」

[映画.com ニュース]東西冷戦下、手作りの熱気球で西ドイツを目指した家族の実話を映画化する「バルーン 奇蹟の脱出飛行」が、7月10日に公開されることがわかった。あわせて、予告編とポスタービジュアルを映画.comが先行入手。映像では、秘密警察(シュタージ)の手が迫る中で決行された、奇想天外な脱出劇がスリリングに切り取られている。

【フォトギャラリー】「バルーン 奇蹟の脱出飛行」場面写真も一挙公開!

 1979年、ソ連陣営に属したドイツ民主共和国(東ドイツ)では、多くの市民が西側への逃亡を試みた。しかし、シュタージが国民の日常生活を監視しており、他国への脱出は困難だった。ベルリンの壁を越えようとした人々は国境警備隊に射殺されたが、それでも自由を追い求める市民は後を絶たず、ある者は川を泳いで渡り、ある者は地下にトンネルを掘って国境を突破しようとした。

 本作では、そんな暗黒の時代に平凡な2つの家族が決行した、熱気球による脱出作戦を圧倒的なリアリティとエモーショナルな人間ドラマを交え描き出す。82年にもウォルト・ディズニー・カンパニー製作で、「気球の8人」として映画化されている。リメイク権を手にしたミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督がメガホンをとり、当事者たちへの取材や膨大な資料をもとに、入念な時代考証と物語づくりに取り組んだ。

 フリードリヒ・ミッケ(「ルートヴィヒ」)をはじめ、カロリーヌ・シュッヘ(「ガーディアン」)、デビッド・クロス(「戦火の馬」)、アリシア・フォン・リットベルク(「フューリー」)が共演。「戦場のピアニスト」「タクシー運転手 約束は海を越えて」のトーマス・クレッチマンが脇を固めた。

 予告編の冒頭では、電気技師ペーターと家族が準備に2年を費やし自家製の気球で脱出を試みるが、国境までわずか数百メートルの地点に不時着してしまう、最初の計画の失敗が映し出される。しかし、東ドイツでの抑圧された日常を逃れ、自由な未来を夢見ていたペーターは、妻やふたりの息子に背中を押され再び立ち上がる。親友ギュンターの家族も巻き込み、わずか6週間で不眠不休の気球作りに没頭。厳しさを増すシュタージの捜査をかいくぐり、気球にのって空へと飛び立つさまが、緊張感たっぷりに活写されている。

 ポスタービジュアルでは、夜空に浮かぶカラフルな気球に、「空に壁はつくれない」というコピーが添えられている。「バルーン 奇蹟の脱出飛行」は、7月10日から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。