東京「東大和市」の鉄道はなぜ南端しか走っていないのか(アーバン ライフ メトロ)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:アーバン ライフ メトロ

東京都東大和市は北部に多摩湖(村山貯水池)があることで知られ、また「東京のベッドタウン」としても発展してきた同市ですが、公共交通機関について少し奇妙なことがあります。

【地図&航空写真】平成から明治初期までの間、「東大和市」の街並みはどう変わった?(12枚)

 市内を走っている鉄道は市の南端を走る西武拝島線だけで、鉄道駅は東大和市駅と玉川上水駅のたったふたつ。近くに西武多摩湖線の武蔵大和駅がありますが、こちらは市の境界を越えた東村山市となります。

 他には多摩モノレールの上北台駅、桜街道駅、玉川上水駅。このような鉄道網のため、同市に住む大部分の人はバスなどを使って駅まで移動しなければなりません。

 ちなみに東大和市のメインとなる駅は東大和市駅で、1950(昭和25)年に青梅橋駅として開業しました。もうひとつの玉川上水駅も同年開業です。ようは、どちらも戦後になってから作られました。

 というわけで、どのような事情で鉄道は市の南端にしか走らなかったのでしょうか。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。