本木雅弘「麒麟がくる」道三と高政の壮絶な親子関係語る(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:第十七回「長良川の対決」より斎藤道三(本木雅弘) – (C)NHK

10日放送の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第十七回で、明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)が「長良川の戦い」で息子・高政(伊藤英明)と対決の時を迎える。本放送を前に、道三を演じる本木が2人の複雑な親子関係についてコメントを寄せた。

【写真】視聴者を興奮させた血塗られた剃髪の道三

 本ドラマにおいて、歌いながら娘婿を暗殺するなど戦慄の名場面の数々が反響を呼び、主人公・明智光秀を取り巻くキャラクターの中でも絶大な人気を誇った道三。第十五回「道三、わが父に非(あら)ず」では家督を高政に譲り仏門に入るが、次男の孫四郎(長谷川純)が織田信長(染谷将太)の妻・帰蝶(川口春奈)と手を組んで信長と反目する高政から家督を奪おうと画策し、血で血を洗うお家騒動が勃発。高政は孫四郎のみならず三男の喜平次(犬飼直紀)までも亡き者にし、怒り狂った道三は高政を討つ決心をした。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。