映画動員ランキング:岡田准一主演『ザ・ファブル』V2(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

最新の全国映画動員ランキングトップ10(6月26日・27日、興行通信社調べ)が発表され、同18日に公開された『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が2週連続1位となった。土日2日間で動員12万8625人、興行収入は1億8308万円を上げた。邦画(実写)作品としては、1月末に公開された『花束みたいな恋をした』以来のV2獲得となる。

【動画】岡田准一&平手友梨奈、師弟関係感じさせるメイキング公開

 “今一番面白いマンガ”と称され、累計発行部数900万部を誇る南勝久氏による人気コミックを実写映画化しヒットした『ザ・ファブル』(2019年)の第2弾は、原作ファンから「一番泣けるエピソード」として知られる”宇津帆編” 。出演は岡田准一、木村文乃、平手友梨奈ほか。監督は前作に引き続き江口カンが務め、度肝抜くアクション、キャスト、ハッピーな笑い、すべてがバージョンアップ。

 公開初週末は大阪府での上映が休業となっている中、興行収入ランキング1位を獲得。緊急事態宣言が明け、さらに勢いは加速し、公開10日間で動員約51万人、興行収入約7億円。

 なお、日本公開に先駆けて今月12日~18日に開催された『第24回上海国際映画祭』では、上映チケットが即日完売となり、現地のレビューサイトでは「団地パニックは日本映画史に残ること間違いなし!」、「こんなに爽快感のあるアクション映画いつぶりだろう!」などアクションシーンに度肝を抜かれた人が多かったようで、海外でも絶賛の声が上がっていたという。

■全国映画動員ランキングトップ10(6月26日・27日)
1(前週)ザ・ファブル 殺さない殺し屋(公開週2)
2(2)るろうに剣心 最終章 The Beginning(4)
3(3)キャラクター(3)
4(5)シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(16)
5(4)機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(3)
6(NEW)ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(1)
7(NEW)それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国(1)
8(7)るろうに剣心 最終章 The Final(10)
9(8)名探偵コナン 緋色の弾丸(11)
10(6)クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2)
※11(NEW)夏への扉-キミのいる未来へ-(1)

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。