映画「Away」唯一無二の世界観に心を奪われる…美しい旅路を収めた幻想的な本編映像が公開(アニメ!アニメ!)

出典元:アニメ!アニメ!

ラトビアの新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディスが3年半をかけてひとりで作り上げた長編アニメーション映画『Away』(12月11日ロードショー)より、少年と飛べない小鳥がバイクで駆け抜ける、美しい旅路を収めた幻想的な本編映像が公開された。

【フォト】『Away』場面カットを見る

このたび公開された本編映像は、飛べない小鳥とともに旅する少年が広く美しい湖へと到着したところから始まるもの。たどり着いた湖は、一面が鏡張りのように周りの景色を映し出しており、美しい青空が反射した幻想的な世界を作り上げている。
そこに彼らを出迎えるかのように現れた3頭のゾウは、悠々と湖の上を歩き去っていき、さらに並走するように白いトリたちの群れもやってくる。

なお、美しい映像とともに流れる音楽についても、ジルバロディス監督が自ら制作。幻想的な映像に壮大な音色があわさった、非日常感あふれる景色に魅了される仕上がりとなった。彼らが進む先にははたして何があるのか、幻想的な世界を映した映像美にますます期待が膨らむ。

本作が長編デビュー作品となるジルバロディス監督。今回の本編映像にも登場している動物たちにはそれぞれ“意味”が込められているそうで、「飛べない小鳥は、同じように旅をする主人公の少年を表しています。少年は、飛行機事故で一人取り残され、家族との再会を望んでいます。そして、この作品のメインテーマは人と人とのつながりで、その悪の象徴的なシーンでネコたちが登場します。彼らはあまりにもつながりが強く、個々が強烈な個性を持っていない」と語っている。

また、このネコについては「最初はそれぞれのネコに個性と色を与えようと思っていましたが、すべて同じ個性にするべきだと感じました。1匹のネコを作り出して何度もコピー&ペーストしたことで、アニメーションの作業がずっと簡単になり、かつストーリーにも気味悪さを加えることができたと思います」と、偶然生まれた演出もあったそう。
ジルバロディス監督は本作について「これは非常に直線的で、より複雑なディテールを含んでいます」とコメントしており、シンプルな映像の中に散りばめられた演出をどう感じるかは観る人次第となりそうだ。

映画『Away』は12月11日より、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。言葉(セリフ)のない美しい冒険の旅を描く本作に注目だ。

長編アニメ映画『Away』
12月11日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
【近畿】テアトル梅田/出町座 2021年1月22日(金)
【中部】名古屋シネマテーク 2020年12月26日(土)
2019年/ラトビア/カラー/原題:Away/シネマスコープ/81分/5.1ch
※本作にはセリフがありません
後援:駐日ラトビア共和国大使館
配給:キングレコード
配給協力:エスピーオー
(C)2019 DREAM WELL STUDIO. All Rights Reserved.

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。