新星・奥平大兼、長澤まさみの息子役でスクリーンデビュー!「MOTHER マザー」に夏帆ら出演(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:長澤まさみの息子役に抜てきされた奥平大兼

[映画.com ニュース] 長澤まさみが主演を務める「MOTHER マザー」で、長澤演じるシングルマザーの息子役を新人・奥平大兼(おくだいら・だいけん)が務めていることがわかった。初のオーディション、初のスクリーンデビューとなった本作で重要な役どころを担っている。

【場面写真】阿部サダヲに寄りかかる長澤まさみ

 「日日是好日」「タロウのバカ」の大森立嗣監督がメガホンをとり、「新聞記者」「宮本から君へ」を世に放った映画会社スターサンズが製作を担当。実際に起きた“少年による祖父母殺害事件”に着想を得て、母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描く。

 男たちとゆきずりの関係をもち、実の息子・周平に奇妙な執着を見せる秋子を長澤、秋子の内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲ、秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平を奥平が演じている。

 現在16歳の奥平は、友人との帰り道、渋谷駅の改札口で現在の所属事務所からスカウトされた。「勉強のために」と初めて受けたオーディションで周平役に抜てきされ、撮影前には不安を覚えるも「長澤さんが『大丈夫』と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と、長澤のサポートもあり、初めての現場で堂々たる演技を披露した。

 奥平を撮影前のワークショップから見てきた大森監督は「頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にして欲しいと、とにかくずっと言い続けていました。彼が偉かったのは、演技の中で嘘をつかないことをやり通せたこと」と評価。長澤も「奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います」と絶賛している。

 プロデューサーの佐藤順子氏は「この作品の明暗は周平役で決まると考えていました」と重要度を明かし、「16-17歳という少年期の危うさと繊細さ、そして主人公の母親を支える包容力が必要だと考えていたので、初めてオーディションでお会いした時、彼しかいないと確信しました」と話している。

 あわせてポスタービジュアルと予告映像が披露されたほか、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花らの出演も発表された。「MOTHER マザー」は今夏全国公開。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。