峯田和伸&橋本マナミが山形で再会 岡本かの子原作「越年 Lovers」12月公開(映画.com)

出典元:映画.com

[映画.com ニュース]日本、台湾、マレーシアの3つの街の恋人たちを描いた映画「越年 Lovers」が、2020年12月に公開される。岡本かの子の短編小説集に感銘を受けた台湾のグオ・チェンディ(郭珍弟)が脚本・監督を務め映画化。美しい山形の雪景色の中で男女が再会する日本パートでは、同県出身の峯田和伸(銀杏BOYZ)と橋本マナミが出演する。

【フォトギャラリー】「越年 Lovers」その他の写真はこちら

 雪に包まれた日本の山形、台湾の首都・台北と彰化(しょうか)県の海辺の町、そしてマレーシア・クアラルンプールの魅力的な3つの地で紡がれる恋を、ノスタルジーと旅情を誘う映像美で紡いだ。

 グオ監督が雪と桜にインスパイアされ、山形県で撮影された日本パートでは、同県山辺町出身の峯田が久しぶりに帰郷する主人公・寛一を、寛一の幼なじみで初恋相手の碧(あおい)を山形市出身の橋本が演じる。また、台湾とマレーシアもそれぞれの街で素直になれない恋心たちが描かれ、台湾パートには“ピピ”の愛称で日本でも活躍するヤオ・アイニンが出演している。

 今回の公開決定を受け、峯田は「写し取られた映像を見ると、まるで北欧映画のワンシーンのようでした。かつて僕が生きていて、そして今は僕だけがいないような山形の静けさの中で、橋本マナミさんと目と目を合わせました。吸い込まれそうでした。真っ白なまま、あたたかい映画になっています」と共演シーンを振り返る。

 橋本は「峯田和伸さん演じる寛一と対峙したときに色々な感情が溢れてきましたが、同郷の峯田さんのおかげでリラックスして演じることができました。地元の方も出演者として出られているシーンがいくつかあり、山形ならではの温かさも感じられる作品です。山形の美しい雪景色を舞台にした寛一と碧の純愛を楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

 このほど公開された場面写真では、ギターを片手に優しく碧を見つめる寛一と原作の「老妓抄」を手にする碧の2ショット、久しぶりに会う地元の人々に笑顔で挨拶する寛一、そして雪景色の中に佇み笑顔を向ける碧の3枚から、愛に生きた作家・岡本かの子が紡いだ世界観が確認できる。

 「越年 Lovers」は2020年12月全国公開。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。