山崎賢人“未来の映画体験”を妄想「銃弾の痛みはあるけど死なないとか…」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の山崎賢人、藤木直人が25日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』の初日舞台あいさつに出席。作風に絡めた「理想の未来」についてトークを展開すると、山崎は「映画体験の未来がどうなっているのかが気になりますね」と語り、想像を膨らませた。

【集合ショット】清原果耶、夏菜、藤木直人ら豪華キャスト陣が登場!

 続けて「IMAXとか4DXとかがあるけど、未来だと映画の中に入れちゃうのかなって。あ、でも入っちゃうと作品が変わっちゃうのかな?」と自らツッコミを入れつつ、妄想を繰り広げる。さらに「リアルに銃弾を食らった痛みはあるけど死なないとか…」と提案すると、共演陣から「嫌だよ!」「怖いよ!」と悲鳴が上がっていた。

 一方で藤木は「この映画の“パート2”が作られる未来。もしくは『秋への扉』、『冬への扉』とかになったら…」と模範解答のような願いを語ると、客席の拍手で賛同していた。

 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎に力を貸すヒューマノイドロボットを藤木が演じる。

 舞台あいさつにはそのほか、清原果耶、夏菜、眞島秀和、高梨臨、三木孝浩監督、宗一郎の飼い猫・ピートが登場。キャストを代表して山崎は「このタイトルには、逆境でも真冬でも夏の扉を探すという意味が込められていて、諦めないで前に進むというメッセージが好きです。自分のことを信じていたらいろんな人が助けてくれて、それは映画作りにも似ています。頑張っていたら最高のサプライズが待っている。皆さんにも最高のサプライズが来ますように願っています」とメッセージを送っていた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。