宇野祥平『罪の声』で10キロ以上減量の役作り 亡き母への思い重ねる(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:シネマトゥデイ

かつて日本を震撼させた昭和の未解決事件モチーフにした塩田武士のミステリー小説に基づく、映画『罪の声』(公開中)。本作で、犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープの声の主の一人を演じ、「泣ける」「圧巻の存在感」と注目を浴びている宇野祥平(42)。ドラマ「深夜食堂」やNHK連続テレビ小説「エール」など名バイプレーヤーとして活躍する宇野が、運命的な出会いともいえる本作で10キロ以上の減量に挑んだ役作りを振り返った。

【写真】宇野祥平登壇、大ヒット舞台挨拶の様子

 本作は、35年前に起きた昭和の未解決事件を追う新聞記者・阿久津(小栗旬)が当時の関係者の足跡をたどるなかで、京都在住のテーラー店主・曽根(星野源)をはじめ犯人グループの脅迫テープに声が使われた3人の人物にたどり着くさまを描く。脚本をドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「MIU404」などの野木亜紀子、監督をドラマ「空飛ぶ広報室」「重版出来!」などで野木と度々組んできた土井裕泰が務めた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。