奴隷牧場を描き、アメリカ映画史から抹消された問題作「マンディンゴ」予告&山田宏一氏コメント公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

南北戦争前のアメリカ南部を舞台に、奴隷牧場を営む父子の栄光と没落を描いた小説を「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャー監督が映画化した歴史大作「マンディンゴ」デジタルリマスター版の予告編が公開された。

 原作はカイル・オンストットの同名ベストセラー。公開時は世界的ヒットを記録したものの、人種差別的な設定や偏見を助長する内容、過激な描写などが物議を醸した。46年ぶりの劇場公開を控え、映画評論家の山田宏一氏は、職人的映画監督だったフライシャーの手腕を讃えるとともに「こんなことがあっていいのか。 愛と憎しみが交錯するサスペンスにみちた力強くすさまじい、怒りのヒューマニズム映画だ」とコメントを寄せている。

 19世紀半ば、ルイジアナ州。マクスウェルは自身が所有する広大な農園で、黒人奴隷を育てて売買する奴隷牧場を経営していた。息子ハモンドは父の言葉に従って名家の娘ブランチと結婚するが、彼女が処女でなかったことに憤り、黒人女性エレンとの情事に溺れていく。一方、ブランチも屈強な奴隷ミードと関係を結んで妊娠。横暴な権力者として振る舞ってきた一家は、破滅の道へと突き進んでいく。出演は「ロリータ」のジェームズ・メイソン、「わらの犬」のスーザン・ジョージ、「処刑教室」のペリー・キング、プロボクサーのケン・ノートン。「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャールが音楽を手がけた。

 3月12日から、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

▼山田宏一氏コメント全文

リチャード・フライシャー。
どんな映画も柔軟に見事に面白く撮ってみせる、ハリウッドではプロフェッショナルとよばれた職人監督の一人だ。

SFスペクタクル映画(『海底二万哩マイル』『ミクロの決死圏』『ソイレント・グリーン』、ウォルト・ディズニー製作の『海底二万哩』と同じように子供向け、家族向けのファンタジー『ドリトル先生不思議な旅』などもふくめて)を撮ってよし、西部劇(『叛逆者の群れ』)を撮ってよし、犯罪映画 フィルム・ノワール (『恐怖の土曜日』『絞殺魔』)を撮ってよし、古代史劇(『バラバ』)を撮ってよし、海賊映画(『ヴァイキング』)を撮ってよし。

そして、アメリカ南部の黒人奴隷農場を描いた『マンディンゴ』-『風と共に去りぬ』の闇の裏面史を描いてアメリカ中を震撼させ、大ヒットしたものの、アメリカの恥さらしとみなされてマスコミに黙殺され、映画史から消されつつあったところを、「アメリカを知る」映画評論家・町山智浩氏によれば、「これはすげえ映画だ!」とクエンティン・タランティーノ監督の一声(ひとこえ)が刺激になって、じわじわと再評価の気運が高まったという呪われた「黒歴史」の名作。

こんなことがあっていいのか。
愛と憎しみが交錯するサスペンスにみちた力強くすさまじい、怒りのヒューマニズム映画だ。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。