大倉孝二が体調不良のためNODA・MAP「フェイクスピア」を降板、代役は伊原剛志(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

NODA・MAP「フェイクスピア」に出演予定だった大倉孝二が体調不良のため降板し、代わって伊原剛志が出演することが明らかになった。

これは、本日5月3日にNODA・MAP「フェイクスピア」の公式サイトでアナウンスされたもの。大倉の所属事務所であるキューブの発表によると、リンパ節の炎症を患った大倉は、現在回復傾向にあるものの、体力低下による稽古への影響を考慮して降板という判断に至ったという。

野田秀樹が作・演出を担う「フェイクスピア」は、“Fake+Shakespeare=FAKESPEARE(フェイクスピア) !!”をコンセプトにしたNODA・MAPの新作。本作には、主演を務める高橋一生のほか、川平慈英、前田敦子、村岡希美、白石加代子、野田、橋爪功らが出演する。公演は5月24日から7月11日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、15日から25日まで大阪・新歌舞伎座にて。

■ NODA・MAP 第24回「フェイクスピア」
2021年5月24日(月)~7月11日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2021年7月15日(木)~25日(日)
大阪府 新歌舞伎座

作・演出:野田秀樹

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。