声優・緒方恵美、「地縛少年花子くん」での津田健次郎との共演を振り返る「とても心に残る収録だった」(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:(C)あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会

声優・緒方恵美が、“花子くん“役を演じるアニメ「地縛少年花子くん」第6話の舞台裏を明かした。自身の一人二役など、アフレコを振り返っている。

 アニメ「地縛少年花子くん」は、「月刊Gファンタジー」で連載中のあいだいろ氏による同名漫画が原作。おまじないが大好きな少女・八尋寧々(CV:鬼頭明里)が、ドSな幽霊・花子くん(CV:緒方恵美)と様々な怪談に巻き込まれていくストーリーだ。

 2月13日より順次放送中の第6話「16時の書庫」は、花子くんの過去が明らかになる回だった。声優・緒方恵美は、花子くんと柚木普の一人二役を演じた。ひょうひょうとしている花子くんに対し、普は年相応の無邪気さを感じさせる少年だ。緒方はそれぞれの役の違いについて、「『ふわふわ幽霊ぽい掴み所ない感を』という演出指示に加え、なかなか本音で話さない花子と違い、柚木普はそのまま語れる」とTwitterで説明している。

 また、普と土籠(CV:津田健次郎)が会話するシーンも印象的だった第6話。緒方は、「土籠先生とのシーンはとても心に残る楽しい収録でした」と振り返っており、出演声優にとっても記憶に残るエピソードだったようだ。

(C)あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。