北川景子、山田洋次最新作「キネマの神様」で昭和の銀幕スターに “真知子巻き”場面写真公開(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

松竹映画の100周年を記念し、人気作家・原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化した「キネマの神様」に、女優の北川景子が昭和の銀幕スター役で出演することがわかった。このほどキャラクタービジュアルと、ストールを頭に巻き付けた“真知子巻き”での場面写真が公開された。

 かつては撮影所で働き、何よりも映画を愛していたが、家族には見放されたダメ親父のゴウを主人公に、時代を超えて繰り広げられる愛と友情の物語。ゴウ役は当初、志村けんさんが務める予定だったが、志村さんが新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板。後に死去したことから、かつて志村さんと同じ事務所でもあった沢田が意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることになった。現在のゴウを沢田、若き日のゴウを菅田将暉が2人1役で演じる。そのほか、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、小林稔侍、寺島しのぶら豪華キャスト陣が共演。

 山田洋次監督作品初参加となる北川は、ゴウ(菅田)とともに映画の黄金時代を生きた、誰もが憧れる銀幕スター・桂園子を演じる。園子は、昭和の大女優としての華やかさと気品を兼ね備えながら、撮影所の誰からも慕われる人情深い一面もある人物。このほど公開されたキャラクタービジュアルでは、スクリーンの中で、愁いを帯びた表情で演技をする園子の姿が、場面写真には、当時大ヒットした映画がきっかけで若い女性の間で大流行した“真知子巻き”スタイルでの日常の姿を捉えたもの。スクリーンの中と外で、異なる表情を見せる女優、園子の魅力的な姿が確認できる。

 「キネマの神様」は、2021年に全国で公開。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。