倉本美津留の小説にカズレーザーが帯コメント「妄想止まらぬアホの一代記」(お笑いナタリー)

出典元:お笑いナタリー

放送作家・倉本美津留の著書「びこうず」(ワニブックス)が11月8日に発売され、いとうせいこうとメイプル超合金カズレーザーが帯コメントを寄せている。

【写真】倉本美津留の著書「びこうず」表紙(帯なし)(メディアギャラリー他1件)

「構想15年」だというこの作品は、倉本が書き下ろした渾身の処女小説。「世界を救うのはおれしかいない!」という強烈な思い込みを持つ後藤誉が、ある人物の生まれ変わりだと確信したときから、その人生の歯車は壊れるほど強烈に回り出す。果たしてこれは壮大な妄想なのかドキュメントなのか。いとうせいこうは「人はどんな時代でも駆け抜け直せる。小説によって」、カズレーザーは「妄想止まらぬアホの一代記。だけど、いつの時代も妄想するアホが世界を動かしてきた」とコメントしている。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。