佐藤玲&笠松将がダブル主演! ポップで奇妙な“ニュータウンムービー”7月劇場公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

[映画.com ニュース]若手実力派の佐藤玲と笠松将をダブル主演し、MOOSIC LAB 2019長編部門の準グランプリを獲得した映画「ドンテンタウン」が、7月17日から劇場公開されることが決定。あわせて、「これは、晴れが似合わないあなたとわたしの物語」というコピーを配したポスタービジュアルもお披露目された。

【フォトギャラリー】佐藤玲、母校・日本大学藝術学部で後輩たちにエール!

 シンガーソングライターのソラは、うまくいかない曲作りから逃れるかのように団地へと引っ越した。ある夜、新居の押入れから、前の住人が残した大量のカセットテープが見つける。テープに吹き込まれていたのは、贋作画家として日銭を稼ぐ青年トキオの“心の声”。見ず知らずのトキオの想いに触れるにつれ、記憶と現実が交錯していくソラの日常。カセットテープ、ピアノ、アロハシャツ、2人分の朝ごはん――交わるはずのなかったソラとトキオのひと夏の物語が描かれていく。

 「泣くな赤鬼」「殺さない彼と死なない彼女」「架空OL日記」で知られる佐藤がソラ役、「花と雨」「転がるビー玉」「仮面病棟」などに出演した笠松がトキオに扮することに。また「きみの鳥はうたえる」の山本亜依、「岬の兄妹」の松浦祐也のほか、牛尾竜威、岩崎咲、森田ガンツ、安楽涼、伊藤こうこ、笈川健太、鶴岡千聖が参加。メガホンをとったのは、初の長編映画となる新鋭・井上康平。また、ミュージシャンの菅原慎一が映画劇伴を担当している。

 佐藤は「雲に覆われた空は、なにかを明るみに引きずり出そうともせず、かと言って涙をカモフラージュしてくれるわけでもなく、ただただ“いつかの私”をじっと思い出させてくれる。私にとってのソラちゃんは、その“いつかの私”をそのまま真空パックしたような子でした。なんとも言えないダサさです。スタッフ・キャスト、とにかく笑いながらも、その一瞬を絶対に逃すもんかという気合いを共有しながら、でも驚くほど穏やかに過ごしました」と述懐。一方、笠松は「劇場で映画を観てもらうという行為に、改めて色んなことを思います。自分の振る舞いや考え方も、前とは少し違ってきている様に思います。何はともあれ劇場公開。お時間あれば是非!」とコメントを寄せている。

 「ドンテンタウン」は、7月17日から東京・アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。