今冬の話題アニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」最終回直前インタビュー 迫井政行監督「予想の斜め上を行く展開に」(AbemaTIMES)

出典元:慎重勇者

10月の放送開始以来、戦うまでも慎重、戦い始めても慎重と、とにかく慎重な勇者が話題となった冬アニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」(以下、慎重勇者)。勇者・竜宮院聖哉と、女神・リスタルテの掛け合いが、今までの“異世界もの”とはまた違った笑い要素も展開している。12月27日から放送予定の最終回を前に、迫井政行監督に作品への反応や思いを聞いた。

-10月の放送開始から、いよいよ最終回も間近になりました。スタート直前、直後、さらにここまでの周囲の反響、ご自身の手応えなどはいかがですか。

 放送前は、原作の面白さを上手く表現できているかというプレッシャーはありました。ですが、放送直後、視聴して下さった皆様、周囲の反響を聞かせていただいて、面白いというお声を多くいただけた事は、私をはじめ、現場スタッフの皆の励みになっています。作品の持つ魅力を最大限に表現できるよう努めますので、皆様に楽しんでいただいて、記憶に残る素敵な作品になるのではないかと思います。

-初回から勇者・竜宮院聖哉の「慎重ぶり」に注目が集まりましたが、その「慎重ぶり」を伝える上で、力を入れている点、気をつけている点はありますか。

 慎重さは、まさに聖哉の行動や決断に表れているわけですが、「ありえないくらい慎重」というだけあって、常人には理解できないふるまいになっています。「ふざけてなどいない」という聖哉の言葉通りに、「大真面目に」「全力で」をモットーに表現を心がけています。

-竜宮院聖哉とリスタルテの掛け合いが、作品の軸になっていますが、声優のお二人に期待していたこと、実際のアフレコで印象に残った点は、どんなところでしょうか。

 2人の会話は、「漫才」や「コント」にあるような、所謂「ボケ」と「ツッコミ」のように、キレのあるテンポの早いイメージでした。聖哉が「ボケ」でリスタルテが「ツッコミ」ですね。特にリスタルテはセリフ量がとても多く、早口で喜怒哀楽も激しい、演技の幅が求められるキャラですが、豊崎さんは、最初から私の想像を遥かに超えた楽しいリアクションやツッコミを工夫して、リスタルテというキャラクターを生み出してくださいました。

 逆に、聖哉はほとんど感情を表に出さないように求められるキャラクターなのですが、梅原さんは終始カッコ良く、クールに、でも時に少しだけお茶目に、見事に演じてくださいました。3話にあった「超いらん」は絶妙でした。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。